HDV(iシェアーズ・コア米国高配当株ETF)は4%!超の高利回り!

世界最大の資産運用会社であるブラックロック社のETFの紹介です。iシェアーズ 米国高配当株 ETF(HDV)という高配当株に特化したETFです。

配当利回りは4.38%と、先日紹介したVYM(バンガード米国高配当株ETF)の2.93%や、VIG(バンガード米国増配株式ETF)の1.87%よりも高配当です。

特徴

HDVはモーニングスター配当フォーカス指数への連動を目指すETFです。

投資対象は米国株式を対象としており、74銘柄で構成されています。VYMが399銘柄、VIGは178銘柄ですから74銘柄だと少数精鋭といった感じですね。

投資基準は米国の有名、優良企業であること、健全な財務状態、配当金の支払いがあることです。

また、経費率はVYMやVIG同様に0.08%と低く設定されています。

構成銘柄

構成銘柄の組み入れ比率トップ10と個別銘柄ごとの配当利回りを調べて見ました。

ティッカー銘柄比率配当
利回り
XOMEXXON MOBIL CORP8.55%3.98%
TAT&T INC7.37%5.68%
VZVERIZON COMMUNICATIONS INC6.00%4.94%
JNJJOHNSON & JOHNSON5.74%2.57%
CVXCHEVRON CORP5.65%3.75%
PFEPFIZER INC5.16%3.74%
PGPROCTER & GAMBLE4.31%3.68%
WFCWELLS FARGO4.02%2.96%
PMPHILIP MORRIS INTERNATIONAL INC3.93%4.26%
KOCOCA-COLA3.60%3.54%

それにしても高配当銘柄がずらりと並んでいます。10銘柄中8銘柄は3%超えですし、AT&T INCに至っては5.68%もあります。

全74銘柄で構成されるETFだけあって、上位10銘柄だけで構成比率54%を超えます。

という事は上位10銘柄を購入するだけでお手製HDVもどきが出来上がりますね。信託報酬0.08%をもったいないと思うならそれもありかもしれません。管理が面倒になりますが。

業種別内訳

業種別の内訳としてはディフェンシブ銘柄が一番多く20%超ですね。エネルギー、ヘルスケアと続きます。エネルギーやヘルスケアもディフェンシブな業種ですね。上位3業種で過半数越えです。

株価・チャート

高配当ETFですが、値上がり益(キャピタルゲイン)も狙えるETFです。米国市場の成長に合わせて右肩上がりに株価も成長しています。


Google Financeより

2011年からの7年間で65.88%は優秀ですね。インカムで4%近い配当も期待できますし。

配当

配当金の履歴です。株価が上昇しているため、配当額も年々増加しています。

増配率は最近はVYM同様に0~20%と言ったところです。

まとめ

  • HDVは超高配当ETF
  • 74銘柄と(ETFにしては)集中投資型
  • それでいてキャピタルゲインも狙える
  • インカムゲインを増やしたい人におススメ

う~ん、次は絶対VYMとか言っていたけど、HDVも迷います。

関連記事です。高配当ならVYMという選択肢もあります。

VYM(バンガード米国高配当株ETF)はおススメETFです!
バンガード社の高配当ETF【VYM】の紹介です。気になる配当利回りは2.94%で、高配当銘柄を集めたETFです。 正式名称はバンガード・ハイディビデンド・イールドETF(Vanguard High Dividend Yield ETF)です。

連続増配当に特化しか不況時でもインカムを確保したい場合はVIGというETFがおススメです。

VIG(バンガード米国増配株式ETF)もおススメETFです!
アメリカ株投資をする上で配当金などのインカムゲインに重要視する場合にポートフォリオの有力候補になるのがこのVIG(バンガード米国増配株式ETF)です。 VIGはVIGは連続増配にフォーカスしたETFです!なので長期保有時には右肩上がりに配当金が...

VYM ∩ VIGについて調べた記事です。

VYMとVIGに共通の構成銘柄はインカム狙いの優等生!?(前編)
先日、2本のETFを立て続けに紹介しました。それは「VYM(バンガード米国高配当株ETF)」と「VIG(バンガード米国増配株式ETF)」です。 VYMは高配当銘柄を厳選、VIGは10年連続増配銘柄です。頭の中にこんな構図が浮かみあがりました。 ...
VYMとVIGに共通の構成銘柄はインカム狙いの優等生!?(後編)
前半からの続きです。前回はVYMとVIGの重複上位10銘柄の最近1年間のパフォーマンスを比較しています。まだ読んでいない人は先にこの記事から読んでください。 さて、今度は5年間のパフォーマンスも見ていきます。 直近5年のパフォーマンス...

コメント