【SPYD】SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETFの分析!

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

米国株ETFへ投資するとなった時にバフェット様の言う通りにS&P500に投資をするのが良いのかシーゲル様の教えの通りに高配当株に投資し、配当を再投資に回すのが良いのか迷いますよね。

ならばS&P500に採用されている銘柄で高配当なものにだけ投資すればいいんじゃね?と安易な発想で生まれたかどうかは知りませんが、そんな考えを持つあなたに相応しいSPYDと言うETFを見つけたので紹介します。

そのETFとはSPDRポートフォリオ S&P 500高配当株式ETF(ティッカーシンボル:SPYD)と言うETFです。

2015年に運用が開始され、2018年7月より国内のネット証券3社(楽天、SBI、マネックス)でも取り扱いが開始されています。

本記事の結論・まとめ

  • SPYDはS&P500の中でも高配当な80銘柄に投資対象を絞ったETF
  • 配当利回りがVYMなどの他の高配当ETFよりも高い
  • アップル、Amazon、グーグルなど情報技術セクター銘柄の比率が少ないのが特徴
  • 最近は情報技術セクターので高成長な銘柄の活躍でSPYDよりSPYの方が好成績

SPYDの特徴

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)が運用するETFです。

投資対象はS&P500指数に採用される米国大型株のうち配当支払い上位80銘柄が対象です。

同社ではもともとSPYと言う25年の歴史を持つS&P500連動ETFを運用していたので、その派生ETFとも言えるでしょう。

SPYD自体の誕生は新しく2015年から運用が開始されています。

SPDRポートフォリオ S&P 500高配当株式ETF(SPYD)
SPYD基本データ
投資対象S&P500指数に採用される米国大型株のうち配当支払い上位80銘柄
対象インデックスS&P500高配当指数
配当利回り4.75%
経費率0.07%
配当月半期毎(6,12月)
構成銘柄数79
設定日2015/10/21

VYMHDVなど高配当ETFはいくつかありますが、中でもSPYDは配当利回りが4.75%ととりわけ高配当です。

SPYDの構成銘柄

SPYDは全79銘柄で統制されていますが、その上位10銘柄がこちらです。

S&P500に採用されるような大企業ばかりですのでアメリカに住んでいなくても名前を知っている企業が多いのではないでしょうか。

ティッカー銘柄構成比率配当利回
MMACY’S INC1.79%4.16%
AESAES CORPORATION1.56%3.84%
EXREXTRA SPACE STORAGE INC.1.52%3.89%
PSAPUBLIC STORAGE1.51%3.87%
FEFIRSTENERGY CORP.1.50%3.81%
OKEONEOK INC.1.50%4.97%
VLOVALERO ENERGY CORPORATION1.47%2.73%
EXCEXELON CORPORATION1.45%3.13%
AFEAMEREN CORPORATION1.42%2.80%
OXYOCCIDENTAL PETROLEUM CORPORATION1.40%4.02%

組み入れ比率1位は1858年創業で600店舗以上の百貨店などを経営する歴史ある企業です。

同2位のAES社は世界15カ国で事業を展開している世界有数の電力会社の一つです。

3位のEXTRA SPACE STORAGE INC.はアメリカの貸倉庫に特化したREITです。

どの銘柄も構成比率が2%以下と満遍なく分散されている点が好印象です。

SPYDのセクター別構成比率

SPYとの明確な差はこのセクター別構成比率に現れています。

SPYと比較して高配当な不動産や公共事業が多く、逆に情報技術、ヘルスケアが少ないと言った特徴があります。

今のS&P500をリードする情報技術各社が軒並み投資対象外としているところが好みの別れどころかと思います。

チャート・トータルリターン

チャート、トータルリターン比較ではS&P500指数連動ETFであるSPYとの比較をしてみました。

S&P500採用銘柄全体とS&P500採用の高配当銘柄の比較です。

直近1年間のトータルリターン

直近1年間のトータルリターンはSPYの18.5%に対し、SPYDは11.6%です。

アップルやアマゾンなどの高成長、低配当な情報技術関連銘柄の影響を受けていると考えられます。


ETFreplay.comより

2015年からのトータルリターン

SPYDの設定来となる2015年からのトータルリターンです。

ここ3年の前半戦は高配当のSPYDの方が成績が良く、後半戦はS&P500全体の方が好成績を残しています。


ETFreplay.comより

なお、ボラティリティはどちらも11.8%と同じ数字です。

配当・増配率

過去の配当実績は下図のとおりです。現在(2018.9.17)の株価に対する配当利回りは4.75%です。

半年毎の配当で配当額は横ばいですね。

配当額が安定しているため、インカム収入が読みやすいのも良いですね。

ブログ後記

SPYとの比較では甲乙つけがたい結果となってしまいました。そしてそのSPYはVTIに劣後しています。

今のところタケよん!の投資最適解はVTIという事になります。

ほな、また。


関連記事です。全世界の株式市場の過半数を超えるアメリカ株式市場全体に投資する優秀なETFがVTIです。

米国株デビューで迷ったら、15万円分くらいのVTIを買うのが正解
米国株デビューをしたいけど、何から買えばいいか分からなければ、とりあえず15万円程度のVTIを買うのが正解です。理由は後述します。 他の著名米国株ブロガーのブログを読んで勉強したが、高配当な個別銘柄とかバフェット銘柄とかS&P500連動ETFとか良さそうな投資対象が多岐に渡り、何から始...

同じ運用会社が運営するS&P500連動のETFはこちらです。

【SPY】SPDR S&P500ETFは1993年から続く老舗の巨額ファンドだ!
まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 米国の株価指数と言えばS&P500かNYダウですが、今回の記事ではS&P500への連動を目指したインデックスファンドの紹介です。 S&P500連動のインデックスファンドと言えばバンガードからがVOO、ブラックロックか...

コメント