【EPI】ウィズダムツリーインド株収益ファンドでインド株に投資!

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

人口ボーナス国インドへ投資したい!だけどインド株なんて何を買えばいいの?そもそもどこで買えばいいの?手数料高いんじゃないの?そんな疑問解決します。

答えは米国株式市場に上場しているインド株を投資対象としたETFであるウィズダムツリー インド株収益ファンド(EPI)を買えばOKです。

本記事の結論・まとめ

  • EPIで人口ボーナス国インドに投資可能
  • 上位4銘柄でファンド資産の3割を占めている点に注意
  • 配当は少ないけど安定して支払われている

ウィズダムツリー インド株収益ファンド(EPI)とは

米国株式市場に上場するETFですので1兆ドル企業になったアップルやPER390倍のアマゾン人気のETFであるVTIと同じ要領、手数料で購入することができます。

EPI基本データ
投資対象インドの株式市場に上場
する高利益企業
対象
インデックス
WisdomTree インド・
アーニングス・
インデックス
経費率0.84%
設定日2008.2.22

構成銘柄

ウィズダムツリー インド株収益ファンド(EPI)は307銘柄で構成されています。構成銘柄の組み入れ比率トップ10は次のとおりです。

銘柄構成比率配当利回
Reliance Industries11.34%0.5%
Infosys9.41%2.4%
Housing Development Finance6.42%1.0%
Tata Consultancy Services5.06%2.0%
ICICI Bank2.89%0.5%
Oil & Natural Gas2.27%3.6%
Sun Pharmaceutical Industries1.91%0.6%
HCL Technologies1.86%0.8%
Maruti Suzuki India1.68%0.9%
Axis Bank1.60%

構成銘柄数は307と多いですが、構成比率1位のReliance Industriesだけで11%もあります。

リライアンス・インダストリーズとはムンバイに本社を置く、石油化学を中心に、石油・ガス開発、小売、インフラ、バイオテクノロジーなどの事業を手がけるインド最大の複合企業です。

構成比率上位10銘柄だけでは全体の44%を占めています。構成比率上位4社で全体の3割を占めているため銘柄数ほど分散効果はありません。

業種セクター別構成比率

金融と情報技術が上位を占めている点で先進国トップのアメリカに似ていますね。

セクター構成比
金融23.01%
情報技術18.89%
エネルギー18.47%
一般消費財・サービス9.47%
素材7.96%
資本財・サービス5.56%
ヘルスケア5.47%
公益事業5.10%
生活必需品4.26%
電気通信サービス1.37%

日本のIT会社には中国企業によるオフショア開発が一時期盛んでした。これは漢字と言う独特の言語を扱う点で馴染みやすくハードルが低かったからですね。

しかし世界に目を向けると言語は英語がメインになります。インドは英語が準公用語という事もあり世界のIT社会に馴染むことができたわけです。

そういった背景もあり、情報技術セクターが反映しています。

株価・チャート

ウィズダムツリーインド株収益ファンド(EPI)と新興国全体を投資対象としたVWO(バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF)を比較しています。

VWOには中国株式が3割以上組み込まれており、インド株式も約12%程含んでいます。なお使用しているチャートは配当込みのトータルリターンです。

EPI株価チャート(直近1年間)

トータルリターンでは最終的にはEPIのほうが0.3%勝っていますが、年初のピーク時はVWOがEPIを5%程上回っている時期もありました。


Google Financeより

EPI株価チャート(直近3年間)

相関関係のあるチャートになっています。VWOが中国の株価動向を反映した形になっています。

トータルリターンは3年で24.8%と良い数字です。


Google Financeより

EPI株価チャート(設定来)

EPIが設定された2008年からのチャートです。直後の2009年にリーマンショックに見舞われていますが回復は2011年ごろと早いです。

しかしその後の株価があまり冴えていませんでした。10年間のトータルリターンは17%とイマイチですね。対してボラティリティが30%を超えており、リスクに見合うリターンを得られていません。


Google Financeより

分配・配当の推移

新興国投資のため配当を重視するETFではありません。

配当利回りは1.13%程度です。配当金の額は毎年1株当たり0.2~0.25ドルの間で安定して推移しています。


関連記事です。配当成長といえばバンガードの10連続増配に的を絞ったVIGですね。

高配当な株だけを集めたETFにはVYMとHDVがあります。

VYM(バンガード米国高配当株ETF)はおススメETFです!
バンガード社の高配当ETF【VYM】の紹介です。気になる配当利回りは2.94%で、高配当銘柄を集めたETFです。 正式名称はバンガード・ハイディビデンド・イールドETF(Vanguard High Dividend Yield ETF)です。
HDV(iシェアーズ・コア米国高配当株ETF)は4%!超の高利回り!
世界最大の資産運用会社であるブラックロック社のETFの紹介です。iシェアーズ 米国高配当株 ETF(HDV)という高配当株に特化したETFです。 配当利回りは4.38%と、先日紹介したVYM(バンガード米国高配当株ETF)の2.93%や、VIG...

そんなETFをまとめて比較した記事はこちらです。

コメント