若くしてインデックス投資にたどり着いただけでyouは勝ち組!

この記事は約3分で読めます。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

Twitterやブログを見ていると20代で30代でも当たり前のように投資をやっている雰囲気があります。

だけど世間一般では20代30代は夏は海、冬はスノボ、夜は飲み屋(笑)と四六時中お金を使ってばかりで貯めるはまだしも増やすなんて考えに至らないのが普通です。

なので今20代30代でインデックス投資を始めている、始めようとしているあなたは勝ち組です。

20代で投資経験のある人はたったの1割ちょっと

【20代男女】「貯金と資産運用」に関する調査」によると20代で資産運用をしている人の割合は男性15.7%、女性8.4%しかいません。

過去に若いうちから投資始めたらいいよって言う記事を書きました。

若いうちから投資を始めるべき3つの理由
投資を始めるのは若いうちが良いです。理由は3つあります。実践経験を積める!リカバリーが効く!複利効果の恩恵を最大限に受けられる!です。タケよん!も22歳の頃から投資を始めています。家族を持つ前に投資をはじめ、失敗も経験しました。しかし今ではその経験が役に立っていると思っています。金融リテラシーが付き...

理由はいくつかあるのですが、大きいのは複利効果の恩恵の効果が大きくなるからです。

複利は敵に回さず味方につけるべし!

複利は敵(借金)に回すと非常に脅威ですが味方(運用)につけると頼もしいです。

以下の表は新卒の社会人(22歳)が毎月3万円(年間36)円を投資に回し続けた場合の資産グラフです。

こんなにきれいに毎年同じようなリターンを得るわけではありませんので実際はギザギザのグラフになるでしょうが、平均するとこんなイメージです。

毎月3万円を3%、5%、7%で運用できた場合のグラフです。元本では退職時(65歳)で1,584万円です。

3%で運用できた場合でも3,302万円まで増えています。倍以上ですね。3%は決して難しい数字ではないです。アメリカの国債金利程度ですね。

やや楽観視、とはいっても米国株の平均成長率の7%で運用できた場合は65歳時に1億円達成です。おめでとう!

毎月たった3万でもいいからインデックス投資で積み立てるべき

たった3万円であの効果です。ただ、65歳までの42年間長く運用できた場合です。

どうしてもFX、バイナリーオプション、仮想通貨など旬で一瞬で稼げるような投資先は魅力的にうつります。

だけどどれも高利回りが謡われている投資先は一瞬の輝きだけです。長く高利回りを続けている投資先はありますか?ないですよね。

手を出してもヤケドするだけです。賢くふるまうなら何十年と長期に渡って過去実績のあるインデックス投信にするべきです。

昨今では超低コストなeMAXIS Slimシリーズや楽天バンガードファンドシリーズのような優良投信も増えてきましたし。米国株式市場を通じて直接バンガードやブラックロックのETFを購入することも出来ます。ひと昔より明らかに投資環境は整っています。

そこからたった3万円づつでも長期に渡って投資するクセを今からでも付けておいた方がいいです。

ブログ後記

やっと偉そうに言う私も日本株のスイングトレードに始まり、FX、仮想通貨と色々痛い目を見てきました。最近ではソーシャルレンディングも失敗に終わりそうです。

やはり手堅く、地味ですがインデックス投資を主軸に蓄えていきたいと思います。

ほなまた。

関連記事です。

ポートフォリオに織り交ぜたい米国債券ETF、あなたならどっち?

【総合債券比較】BNDとAGGの違いを7つの観点から比較する!
米国債券は世界で最も安全な債券と言われています。それでいて年率3%近いリターンがあるのですから驚きですよね。 その中でも米国の国債や社債に幅広くできる2つの代表的なETFであるBNDとAGGについて7つもの視点で比較してみました。 結果、タケよん!はBNDを保有したいと思うようになりました。

毎月積立をしていると自然とドルコスト平均法の恩恵を受ける事ができます。

ドルコスト平均法の効果をビッグデータで検証!投資信託は積立がお得
ドルコスト平均法は本当に有効なのか検証してみました。値動きがあるときは深く考えることは辞めて毎月一定額づつ買い付けをした方がいいですね。 今回は本当にドルコスト平均法がお得なのかビッグデータを使って検証してみました。数字が多いですが、どうか最後までよろしくお付き合いください。 ドルコスト平均...

コメント