アマゾン(AMZN)はバブルなのか?今から買ってもいいの?

誰も知るAmazonですが、株価はうなぎ登りで1株2000ドルに達しようかと言う勢いです。

チャートを見るとまだまだ上がりそうにも見えるし、上がりすぎで怖いようにも見えます。

PERは脅威の390倍

成長企業にとって高PERは期待の表れです。まだまだ成長すると世間が考えているため、高PERになります。

Amazonの2017.12期の決算情報を元に今の株価からPERを計算すると390倍です。

アメリカ株式市場平均の実績PERが22.4倍であることを考えるといかに高いかという事が分かります。

単純計算でAmazonの利益が2017.12月期の17.4倍まで成長すると考えるならば妥当な数字(390÷22.4=17.4)です。

それ以上成長すると予想するなら今の株価は割安、そこまで成長しないと予想するなら割高と言えます。

2017.12期の17倍の利益とは

Amazonの2017.12期の利益額は3,033百万ドルでした。米国株式市場の平均PERまで成長するためには、2017.12期の17.4倍利益となる52,774百万ドルが必要です。

52,774百万ドルの利益がどの程度のものか見ていきましょう。

銘柄当期利益(百万ドル)
Apple48,351
Berkshire Hathaway44,940
Verizon Communications30,101
AT&T29,450
JPMorgan Chase24,441
Amazon.com3,033

Amazonは米国を代表する大企業ですが、当期利益の額ではランキングトップ10圏外です。

実績PERと市場平均PERから予測するAmazonの利益は52,774百万ドルですので現在トップのAppleを抑えて1位になると実現できる数字です。

そこまでの成長をAmazonなら達成する!と見るかさすがに17.4倍は…と見るか次第ですね。参考までにGoogleはPER30倍AppleのPERは16倍です。

Amazonの売上・利益の推移

Amazonの売上、利益の推移を見ていきます。2018.12期はコンセンサス予想です。

2013.12期の274百万ドルから4年後の2017.12期にかけて3,033百万ドルまで11倍の成長を遂げています。

Amazonと言えばネットショッピングのイメージが強いですが、AWSと言うクラウドサービスも展開しており、間もなく利益額でネットショップ事業を抜くと思われます。

AWS事業は高成長率かつ利益率も20%以上と優秀です。

IT企業に身を置くタケよん!ですが、数年前まではクラウドでAWSを利用している例はあまり聞ききませんでした。

ただ、最近ではものすごく身近にAWS利用が広がっていることを肌で感じています

更にAWSの企業利用が浸透すれば更に利益が伸びることが予測されます。

まとめ

  • Amazonは390倍のPERで成長が期待されまくっている
  • 現在の当期利益は3,033百万ドルでAPPLの16分の1の規模
  • 将来的に利益が今の17倍程度まで成長すると思うなら買い
  • クラウド(AWS)事業は高利益率・高成長率

関連記事です。Amazonは小売業セクターですが、高成長なのはAWSのような情報技術セクターですね。情報技術セクターへはVGTと言うETFで投資が可能です。

更に幅広く好調な米国市場全体へ投資する場合はVTIがオススメです。

【楽天VTI】楽天・全米株式インデックス・ファンドで好調なアメリカに投資せよ!
楽天投信投資顧問が頑張っていますね。日本人に人気のバンガード社のETFであるVTIを投資対象とした投資信託を出しています。 投資信託タイプなので100円から簡単に米国株式に投資できます。それがこの「楽天・全米株式インデックス・ファンド」ですね。...

コメント