【SPY】SPDR S&P500ETFは1993年から続く老舗の巨額ファンドだ!

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

米国の株価指数と言えばS&P500かNYダウですが、今回の記事ではS&P500への連動を目指したインデックスファンドの紹介です。

S&P500連動のインデックスファンドと言えばバンガードからがVOO、ブラックロックからIVVが出ていますが、今回取り上げるETFはステート・ストリートが運用するSPYです。

本記事の結論・まとめ

  • SPYは25年の歴史を持つS&P500連動の老舗ETF
  • 経費率0.0945%は他のS&P500連動ETFより少し高め
  • トータルリターンでは長期で見えるとVTI(アメリカ全体)より劣る
  • 配当は四半期毎に安定した額を出している

SPYの特徴

SPYは1993年から運用されている老舗のETFです。特筆すべきは世界一の資産額を誇ります。

その運用額はなんと274,954百万ドルです。といってもピンとこないくらい大きいです。日本円に直すと30.8兆円ですね。

ちなみに日本の国家予算がおおよそ100兆円ですのでその3割程度ですね。

SPDR S&P500ETF(SPY)
SPY基本データ
投資対象S&P500指数に採用される米国大型株
対象インデックスS&P500指数
配当利回り1.69%
経費率0.0945%
配当月四半期毎(3,6,9,12月)
構成銘柄数505
設定日1993/1/22

25年も運用を続けている超老舗ETFですね。読者の中にはSPYより年下の方もいらっしゃるのでは?

少しだけ気になるのは経費率ですね。0.0945%と安いんですが、VOOやIVVは更に下を行く0.04%です。運用額王者の余裕なのでしょうか(笑)

SPYの構成銘柄

SPYは全505銘柄で統制されていますが、その上位10銘柄がこちらです。

当たり前ですがIVV、VOOと同じく米国と言うか世界を代表する名だたる大企業が並んでいます。

ティッカー銘柄構成比率配当利回
APPLApple Inc.4.52%1.30%
MSFTMicrosoft Corporation3.52%1.48%
AMZNAmazon.com Inc.3.25%0.00%
BRK.BBerkshire Hathaway Inc.1.68%0.00%
FBFacebook Inc.1.57%0.00%
JPMJPMorgan Chase & Co.1.57%2.82%
JNJJohnson & Johnson1.52%2.58%
GOOGAlphabet Inc. Class C1.45%0.00%
GOOGLAlphabet Inc. Class A1.43%0.00%
XOMExxon Mobil Corporation1.41%3.96%

なお、8位のGOOGと9位はGOOGLはどちらもグーグル社の株式なので併せると2.88%で実質4位の組み入れ比率です。

チャート・トータルリターン

直近1年間、3年、と比較対象にしたVTIの設定来である2001年からのトータルリターンをVTIと比較していきます。

まさにアメリカ全体と大型株500種といった比較です。

結論から言うと興味深いことにSPY(大型株)よりVTI(アメリカ全体)の方が長期的には成績が良いことが明らかです。

直近1年間のトータルリターン

トータルリターンはVTIの19.2%に対し、SPYは18.5%です。どちらもアメリカ株なので大差はありませんが、若干ながらVTIに軍配が上がります。


ETFreplay.comより

直近3年間のトータルリターン

次は3年間での比較です。今度は若干(誤差レベル)ですがSPYが0.8%上回っています。

全く同じ動きと言っても良いくらいです。


ETFreplay.comより

2001年からのトータルリターン

最後にVTIの設定来となる2001年からのチャートです。

徐々に両ETF間の差が開き、最終的にはパフォーマンスの差46.7%となって現れています。


ETFreplay.comより

短期チャートで成績に差があってもあまり何とも思いませんが、これだけの長期チャートではっきりと差が現れると考え物ですね。

分散効果、経費率の差が考えるとSPYよりVTIかな。って思っちゃいいます。

配当・増配率

過去の配当実績は下図のとおりです。現在(2018.9.17)の株価に対する配当利回りは1.69%です。

2014年より毎年増配傾向です。

四半期ごとの配当額も安定しており、1株あたり1ドル~1.2ドル頃です。

配当額が安定しているため、インカム収入が読みやすいのも良いですね。

ブログ後記

しばらくVTIを安定して超えるようなETFを探し続けているのですが出会っていません。

今のところタケよん!の投資最適解はVTIという事になります。

ほな、また。


関連記事です。全世界の株式市場の過半数を超えるアメリカ株式市場全体に投資する優秀なETFがVTIです。

米国株デビューで迷ったら、15万円分くらいのVTIを買うのが正解
米国株デビューをしたいけど、何から買えばいいか分からなければ、とりあえず15万円程度のVTIを買うのが正解です。理由は後述します。 他の著名米国株ブロガーのブログを読んで勉強したが、高配当な個別銘柄とかバフェット銘柄とかS&P500連動ETFとか良さそうな投資対象が多岐に渡り、何から始...

SPYとIVVとVOOの比較をした時の記事がこちらです

【VOO,IVV,SPY】S&P500連動ETF比較は時間の無駄
ウォーレン・バフェット氏が自分の死後は資金の9割をS&P500に投資せよ!と残しているのは有名な話です。ではそのS&P500に投資するとしてもS&P500連動ETFは3強時代で選定に悩みます。 何を基準にどれを選んでよいのか悩みますよね。米国株ETFは購入時に手数料もか...

コメント