【JNK】ゴミの山は宝の山か!?ジャンク債を集めたETF!SPDRブルームバーグ・バークレイズ・ハイ・イールド債券ETF

この記事は約5分で読めます。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

米国利回りが上昇傾向です。となると利回りと引き換えに債券価格は下落します。

株高の今は債券クラス商品の仕込み時かも知れません。ですが債券はどうしてもボラティリティが低く、価格変動がありません。

それが債券のメリットではあるのですが、リスクを取ってリターンを狙いに行きたい場合は債券の中でもリスクの高い低格付け債券(ジャンク債)ばかりを集めたETFであるJNKについて調べて見ました。

本記事の結論・まとめ

  • JNKはリスクの高い投資非適格債券ばかりを集めたETF
  • 金融ショック時のリスクは株式並み
  • だけどリターンは株式以下
  • だったらJNKに投資する旨みは無いよね…
  • 配当は5.42%の高利回りで毎月安定している!

【JNK】SPDRブルームバーグ・バークレイズ・ハイ・イールド債券ETFとは

米国の投資適格債券ばかりを集めたETFです。米国株式市場に上場しているため購入のハードルが低く、換金性に優れています。ひとつひとつはリスクが高い債券を集めることでETFとしてはミドルリスク程度に抑えようとしています。

JNK基本データ
投資対象非投資適格・固定金利・課税対象の米国ドル建て社債
対象インデックスブルームバーグ・バークレイズ・ハイ・
イールド・ベリー・リキッド 指数
配当利回り5.42%
経費率0.40%
配当月毎月
構成銘柄数906
設定日2007/11/28

目につくのは債券でありながら5.42%もある配当利回りである点と、0.40%とやや高い経費率ですね。

格安コストのETFに見慣れてきたため若干高く感じます。

ジャンク債と言う若干ややこしい債券ばかりを扱って運用する必要があるため、経費率はどうしても投資適格債券ばかりを扱うETFと比べると高コストになってしまいます。

格付別構成比率

BBB以上はわずが0.1%程度しかありません。格付けがBBまたはBの債券で大半を占めています。

BBやBと言えば投機的要素が高い債券とされています。

格付け構成比
BBB以上0.1%
BB42.9%
B42.6%
CCC以下14.3%
無格付け0.1%

【JNK】債券種別構成比率

債券種別で見ると一般事業を行う社債が9割近くを占めています。

種別構成比
社債(一般事業)87.8%
社債(金融)9.6%
社債(公益事業)2.8%
その他0.2%

株価・チャート

【JNK】SPDRブルームバーグ・バークレイズ・ハイ・イールド債券ETFと米国株式市場全体に投資するVTIとを比較しています。

米国のジャンク債券と株式の比較。投資対象が大きく異なるのでチャートの特徴も差が出ています。

JNK株価チャート(直近1年間)

直近1年間のチャートです。JNKは債券らしくVTIのように大きな動きはありません

ボラティリティも3.6%と低い数字です。ただリターンも1.9%と寂しいですが。


ETFreplay.comより

JNK株価チャート(直近3年間)

3年間のチャートです。2015年のチャイナショック時にVTIもJNKも少し下げています。

その後はどちらも回復しています。JNKは債券なのに3年間のリターンが16.5%もあるのは興味深いですね。


ETFreplay.comより

JNK株価チャート(設定来)

比較対象のJNKが設定された2007年からのチャートです。

特筆すべきはリーマンショック時は債券ながら株式並に値崩れしている点です。

JNKに投資する際はこのリスクは念頭に置いておく必要があります。

一方でリーマンショック後の数年間はJNKの方が良い結果を残していた点も事実です。


ETFreplay.comより

トータルリターンはVTIで155%ある中、JNKは72.8%と債券にしては健闘しています。ボラティリティもVTIは20%ほどありますがJNKの場合は12.9%に収まっています。

JNKは金融ショック時は大きく下落するため、債券の特徴である低リスクのメリットを見事に打ち消しています。

一方で投資適格債券よりは良いリターンをもたらしてくれますが、株式のリターン程では無いです。

つまり残念ながらリスクは株式並、リターンは株式以下と言う残念なETFと言わざるを得ないです。

分配・配当の推移

配当額は安定はしているものの若干の下落傾向です。平均すると毎年2ドルほどの配当となります。

毎月配当ですが1回当たりの配当額は0.16ドル強程です。

配当額はあまりバラつきが無く、インカム計画が立てやすいのはメリットですね。

直近の株価に対する配当利回りは5.42%となっています。

【JNK】ブログ後記

このETFを初めて知った時は衝撃的でした。だって名前がジャンク(JNK)なんですもの。

ジャンクとは
「役に立たないもの。がらくた、廃棄物など」

Wikipediaより

でも中身を調べて見て案外まともな(?)ETFで安心しました。

ほな、また。


関連記事です。比較対象とした米国株式市場全体に投資ができるETF(VTI)の紹介です。

米国株デビューで迷ったら、15万円分くらいのVTIを買うのが正解
米国株デビューをしたいけど、何から買えばいいか分からなければ、とりあえず15万円程度のVTIを買うのが正解です。理由は後述します。 他の著名米国株ブロガーのブログを読んで勉強したが、高配当な個別銘柄とかバフェット銘柄とかS&P500連動ETFとか良さそうな投資対象が多岐に渡り、何から始...

米国債券ETFと言えばバンガード社のBNDです。

【BND】利上げ局面に仕込んで毎月配当の米国債券ETFで年金作り
リスクを抑えて債券市場で3%のリターンを目指すのも有効な選択肢なのが総合債券ETFです。 そこそこのリターンを得ながら低ボラティリティなバンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)を紹介します。 実際に2018年12月上旬にアメリカ株式は16%程下落していましたがBNDは+0.9%の微増とポートフォリオ全体のボラティリティを緩和してくれる緩衝材のような役割を果たしてくれました。

もうひとつ債券ETFの王道でAGGと言うものがあります。

【AGG】iシェアーズ・コア米国総合債券市場ETFとは?米国債券ETFのAGGは毎月配当で値動き安定の優秀ETF!
米国は利上げ局面でFFレート(フェデラル・ファンド金利)が2%に到達しようかと言う状況です。 リーマンショック前の5%台からするとまだ道半ばですがトレンドとしては利上げ局面です。10年債利回りも3%に到達するかが注目を浴びています。 債券のリターンが改善してくるとリスクを取る株式投資より...

コメント