米国株

米国株

【総合債券比較】BNDとAGGの違いを7つの観点から比較する!

米国債券は世界で最も安全な債券と言われています。それでいて年率3%近いリターンがあるのですから驚きですよね。 その中でも米国の国債や社債に幅広くできる2つの代表的なETFであるBNDとAGGについて7つもの視点で比較してみました。 結果、タケよん!はBNDを保有したいと思うようになりました。
米国株

【EDV】バンガード・超長期米国債ETFを調査!

米国国債で運用するETFの中でもデュレーション期間が20~30年と最も長くいEDVについて調べて見ました。配当利回りを見ると長期国債で運用するVGLTと大差がないことからリスクだけ上昇してリターンは改善しないのかと勘ぐってしまいます。 やはりトータルリターンではEDVがVGLTに勝っていました。ただボラティリティも高くなりますが…
米国株

【VCSH,VCIT,VCLT】米国社債ETF比較!4.5%の利回り確保も可能!?

米国社債ETFでも平均残存期間の違いによってVCSH,VCIT,VCLTとETFが設定されています。今回はその3本のETFの特徴の違いからリターン、リスクの違いを調べて見ました。
米国株

【VGSH,VGIT,VGLT】米国国債ETF比較!デュレーションの違いの影響は?

米国国債ETFでも平均残存期間の違いによってVGSH,VGIT,VGLTとETFが設定されています。今回はその3本のETFの特徴の違いからリターン、リスクの違いを調べて見ました。
米国株

【VGSH】バンガード・米国短期国債ETFは慎重派に必須なETF?

債券の中でもローリスクローリターンの米国短期国債ETFの紹介です。短期かつ国債と債券ETFの中でもガチガチの手堅いETFです。
米国株

【VCIT】バンガード・米国中期社債ETFに投資する?

債券の中ではミドルリスクミドルリターンの立ち位置となる中期社債です。低ボラティリティでそこそこのリターンが期待できるETFを調べて見ました。
米国株

【VCSH】バンガード・米国短期社債ETFで安全な債券へ投資する?

債券の中でもリスクが低いとされる短期債券へ投資するETFです。国債ではなく社債のみで運用しているため、配当利回りは国債中心のETFよりも少しだけ良いリターンが期待できます。 短期債券の魅力は何といっても低ボラティリティさにあります。長期チャートを見るとノコギリのようにギザギザチャートな株式に対し、債券のチャートは包丁のように滑らかなチャートです。
米国株

【BIV】バンガード・米国中期債券ETFは手堅く運用できる債券ETF

金利上昇が続く中、株式程のリスクを取らずとも債券への投資でそこそこのリターンを得ることができるようになってきました。 そこで今回は債券の中では ミドルリスクミドルリターンが期待できる中期債券に投資するETFについて調べて見ました。 配当は年々減少傾向ですが、リーマンショック時でも落ち着いた値動きで安心できるETFと言えそうです。
米国株

【VCLT】バンガード・米国長期社債ETFは5%弱の配当利回り!

債券は満期までの期間が短期よりも長期、国が発行する国債よりも企業が発行する社債の方がリターンが狙えますよね。 その分リスクも高くなるのですが。 バンガード・米国長期社債ETF(VCLT)は長期の社債をターゲットにして高利回りを狙ったETFと言えます。
米国株

【BLV】バンガード・米国長期債券ETFで手堅く配当利回4%投資!

株式投資はボラティリティが高く、一時的には60%程度の下落は覚悟しておく必要があります。債券と言えばボラティリティが低いもののリターンも低いと言う特徴があります。しかし長期債券と言う債券の中でも比較的リスクが高いものになると利回りも向上します。バンガード・米国長期債券ETFと言う長期債券に投資するETFを調べて見ました。
米国株

【VMBS】バンガード・米国モーゲージ担保証券ETFは住宅ローン投資

米国の住宅ローン担保証券ETFであるバンガードのVMBSについて調べて見ました。99.5%は米国政府モーゲージ担保証券で運用されており、配当利回りは2.75%あります。
米国株

【SPYD】SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETFの分析!

ウォーレン・バフェット氏の推奨するS&P500への投資、シーゲル氏の推奨する高配当銘柄の配当再投資。どちらも実績のある素晴らしい手法です。その両立ができるETFであるSPYDについて調べて見ました。SPYDはS&P500採用かつ高配当銘柄80銘柄で構成されたETFです。
米国株

【TOK】iシェアーズMSCIコクサイETFより投資信託の方が良い理由

MSCI コクサイ・インデックスと言えば日本以外の先進国へ投資できる指数のため、多くの低コスト投資信託に採用されていますよね。今回は同指数への連動を目標としたブラックロック社のETFであるTOKの紹介です。調べて見るとコスト面からはTOKへ投資するメリットが無いことが分かりました。国内の投資信託運用会社がコスト面で頑張りすぎなのかもしれません。
米国株

【TUR】iシェアーズMSCIトルコETFの紹介!超高金利通貨国は高配当?

政策金利が24%と超高金利通貨を有するトルコです。そんな何かと話題のトルコですがトルコ株式に投資するETFがあったので紹介します。そんなリスキーな新興国トルコですが、他の新興国と比べるべくVWOとトータルリターンの比較をしています。また配当も5%近い高配当ですが、配当金の支払い履歴を見るとクセのあるETFであることが分かりました。
米国株

【SPY】SPDR S&P500ETFは1993年から続く老舗の巨額ファンドだ!

ウォーレン・バフェット氏が推奨するS&P500インデックスへの投資が可能な海外ETFであるSPYの紹介です。25年も長く運用されている老舗ETFです。運用資産額は国家予算レベルの30兆円です。そんな巨大ETFについて調べて見ました。アメリカ株式全体に投資するVTIとトータルリターンを比較すると興味深い結果になりました。
米国株

【VEU】VTIとバンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)ETFを比べたら酷かった…

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 リーマンショック以降アメリカの経済成長は目を見張るものがあります。 好調なリターンを見るとアメリカに投資をするのは必然ですが「卵は一つの籠に盛るな」の格言がある通りアメリカ一辺倒で良いかは疑問です。 その際に活用できそうなETFの選択...
米国株

【BSV】バンガード・米国短期債券ETFで手堅く債券に投資する?

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 株式よりも安全性の高い投資商品と言えば債券ですね。 債券の中でも投資適格債券に投資する商品もあれば投資非適格債券に投資する商品がありますよね。 もちろん安全性が高いのは前者となります。更に細かく分類すると債券の残存期間(満期までの期間...
米国株

【VOO】米国株王道ETF!バフェット氏も推薦するS&P500連動ETF

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 世界一有名な投資家と言っても過言ではないウォーレン・バフェット氏ですが、自身の死後は妻にS&P500連動ETFで運用しなさいと残しているのは有名な話ですよね。 そこでS&P500連動ETFであるバンガード社のVOOについて調...
米国株

【JNK】ゴミの山は宝の山か!?ジャンク債を集めたETF!SPDRブルームバーグ・バークレイズ・ハイ・イールド債券ETF

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 米国利回りが上昇傾向です。となると利回りと引き換えに債券価格は下落します。 株高の今は債券クラス商品の仕込み時かも知れません。ですが債券はどうしてもボラティリティが低く、価格変動がありません。 それが債券のメリットではあるのですが、リ...
米国株

【VGK】バンガード・FTSE・ヨーロッパETFの配当・利回り・構成銘柄を確認!

分散投資を考えた時に日本だけじゃなくアメリカ、更に分散するならヨーロッパも抑えておきたいですね。 バンガード・FTSE・ヨーロッパETF1本でイギリス、フランス、スイス等のヨーロッパ諸国へ分散投資が可能です。 本記事の結論・まとめ 1本で欧州諸国を広くカバーできるETF トー...
米国株

【AGG】iシェアーズ・コア米国総合債券市場ETFとは?米国債券ETFのAGGは毎月配当で値動き安定の優秀ETF!

米国は利上げ局面でFFレート(フェデラル・ファンド金利)が2%に到達しようかと言う状況です。 リーマンショック前の5%台からするとまだ道半ばですがトレンドとしては利上げ局面です。10年債利回りも3%に到達するかが注目を浴びています。 債券のリターンが改善してくるとリスクを取る株式投資より...
米国株

【BND】利上げ局面に仕込んで毎月配当の米国債券ETFで年金作り

リスクを抑えて債券市場で3%のリターンを目指すのも有効な選択肢なのが総合債券ETFです。 そこそこのリターンを得ながら低ボラティリティなバンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)を紹介します。 実際に2018年12月上旬にアメリカ株式は16%程下落していましたがBNDは+0.9%の微増とポートフォリオ全体のボラティリティを緩和してくれる緩衝材のような役割を果たしてくれました。
米国株

QQQ(パワーシェアーズQQQ信託シリーズ)で世界を代表するIT企業に投資

世界を代表するIT企業と言えば何を思い浮かべますか?スマホならアップル、サービスならグーグル、フェイスブック、ツイッター、ソフトウェアならマイクロソフト、ハードウェアならインテル、シスコ、エヌビディアですね。 世界を代表すると言いながら全て米国企業です。個別投資で複数銘柄を買うほど資産が無い場...
米国株

【EWZ】ブラジルに手軽にインデックス投資ができるETFの紹介!

先日「2050年の世界経済を見据えた投資先選び」と言う記事で書きましたが、ブラジルはGDPの伸び率が2016年比で241%でした。 まだまだ30年かかけて2倍以上に国自体が成長すると見込まれています。 これは長期投資するに値するデータですね。と言うことでブラジルに手軽に?投資ができる米国...