DGRW(米国株クオリティ配当成長ファンド)で自分年金が作れる!

DGRW(ウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長ファンド)は米国市場において配当支払いを行う成長性がある企業に投資することを目的としたETFです。

配当かつ成長性を重視しているので長期投資向きのETFと言えますね。毎月分配なので配当収入で自分年金や収入の第二第三の柱を作りたい人向けのETFと言えます。

DGRWの特徴

DGRWはウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長インデックスへの連動を目指すETFです。

 経費率は0.28%と他の低経費率のETFと比べると少し割高ですね。

構成銘柄

DGRWは284銘柄で構成されています。構成銘柄の組み入れ比率トップ10は次のとおりです。

構成比率上位10銘柄だけでは全体の34%を占めています。程よい分散効果が得られます。多すぎず少なすぎずちょうどよい銘柄数ですね。

業種セクター別構成比率

構成銘柄を業種セクター別で見てみました。情報技術が多くトップですが、S&P500の組み入れ比率と比較してもあまり大差はありません。

セクター構成比
情報技術21.10%
資本財・サービス18.64%
ヘルスケア16.97%
一般消費財・サービス12.00%
生活必需品11.24%
金融9.54%
エネルギー6.38%
素材3.02%
不動産0.67%
公益事業0.45%

情報技術、資本財・サービス、ヘルスケアで過半数を占めています。

株価・チャート

トータルリターンではDGRWの方が優れる良い結果になりました。

ここ1年のチャートです。一時的にVTを上回っていましたが同じ結果ですね。最終的なトータルリターンでは0.5%ほど、DGRWの方が優秀でした。


Google Financeより

3年チャートです。ほぼ同じなのですが、やはりこちらでもDGRWの方が4%程ほど優秀な結果となりました。


Google Financeより

DGRWが設定された2013年からのチャートです。ほぼVTと同じ形のチャートですね。トータルリターンも5年間で2%程度しか変わりません。


Google Financeより

分配・配当の推移

毎月分配なのが良いですね。1株あたりでは0.1ドルを超えることはあまりありません。

配当利回りは1.87%程度と高配当なETFではありません。

支配日配当
2018/7/27$0.0850
2018/6/28$0.1150
2018/5/25$0.0400
2018/4/27$0.0200
2018/3/23$0.1414
2018/2/23$0.0400
2018/1/26$0.0150
2017/12/29$0.1323
2017/11/27$0.0200
2017/10/27$0.0450
2017/9/29$0.1000
2017/8/25$0.0500
2017/7/28$0.0500
2017/6/30$0.0850
2017/5/26$0.0400
2017/4/28$0.0350
2017/3/31$0.1050
2017/2/24$0.0350
2017/1/27$0.0200
2016/12/30$0.1047
2016/11/28$0.0500
2016/10/28$0.0350
2016/9/30$0.0950
2016/8/26$0.0450
2016/7/29$0.0700

こうしてグラフで見ると多い月とそうでない月があります。3,6,9,12月は分配金が多いですね。投資対象銘柄の決算月の関係だと思われます。

まとめ

  • DGRWは配当成長が望める銘柄に分散投資
  • VTIと同等のパフォーマンス
  • 毎月分配だけど3,6,9,12月は配当が多めです

関連記事です。配当成長といえばバンガードの10連続増配に的を絞ったVIGですね。

高配当な株だけを集めたETFにはVYMとHDVがあります。

VYM(バンガード米国高配当株ETF)はおススメETFです!
バンガード社の高配当ETF【VYM】の紹介です。気になる配当利回りは2.94%で、高配当銘柄を集めたETFです。 正式名称はバンガード・ハイディビデンド・イールドETF(Vanguard High Dividend Yield ETF)です。
HDV(iシェアーズ・コア米国高配当株ETF)は4%!超の高利回り!
世界最大の資産運用会社であるブラックロック社のETFの紹介です。iシェアーズ 米国高配当株 ETF(HDV)という高配当株に特化したETFです。 配当利回りは4.38%と、先日紹介したVYM(バンガード米国高配当株ETF)の2.93%や、VIG...

そんなETFをまとめて比較した記事はこちらです。

コメント