朗報!バンガードの人気ETFのVTIもBNDもVOOも経費率が下がりました!

この記事は約5分で読めます。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

インデックス投資家にとって吉報が飛び込んできました!タケよん!も保有する人気のバンガードのETFが手数料改定によって経費率の引き下げが行われました!平均して22%引きです。どこかのバーゲンセールかと見紛う数字ですね。でもバーゲンと違うのは期間限定ではなく、この先ずーっと経費率が安いままと言う点です。

ニュースリリース記事は「バンガードETF®経費率改定のお知らせ(米国時間4月26日付)」です。

前回も10本のETFの手数料率を改定してくれたのに今回はまた別のETF9本のコスト改定です。正直、今でも十分安いと思うのですが、更にコストを追求する投資家思いの姿勢には脱帽です。

ただでさえ信託報酬が安いバンガードのETFが信託報酬を更に下げてきた!
まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 我らがインデックス投資家の味方とも言えるバンガードのETFが更に信託報酬を値下げしてきました。ただでさえ安いのに更に下がります。 運用額が多いので手数料率を下げても昔と同等の「稼ぎ」が実現できるんでしょうね。 特にVYMなんかは0.0...

手数料が改定されたETFはコチラの9本です

【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETF

0.04% → 0.03%です。

もはやVTIについては説明不要でしょうか?米国の株式全体に投資ができるETFです。米国株式市場のほぼ100%をこのETF1本でカバーできます。つまりVTIを持っていると間接的に米国株式全部持ってるのと同じことになります。

たった150ドル程度(2019.5月時点のVTIの株価)で「私は個人投資家です。米国株式全てに投資をしています。」と言えちゃうのがVTIです。

タケよん!もVTIは米国ETFの2本柱の1つですので今回の手数料率の改定は嬉しいニュースとなりました。

米国株デビューで迷ったら、15万円分くらいのVTIを買うのが正解
米国株デビューをしたいけど、何から買えばいいか分からなければ、とりあえず15万円程度のVTIを買うのが正解です。理由は後述します。 他の著名米国株ブロガーのブログを読んで勉強したが、高配当な個別銘柄とかバフェット銘柄とかS&P500連動ETFとか良さそうな投資対象が多岐に渡り、何から始...

【BND】バンガード®・米国トータル債券市場ETF

0.05% → 0.035%です。

債券ETFの王道と言えばこのBNDかブラックロックのAGGでしょう。もしくはステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズのSPABも低コストな総合債券ETFです。経費率で言うと今まではBNDは0.05%、AGGとSPABは0.04%と若干ながらAGG、SPABにアドバンテージがありました。しかし今回の手数料改定で手数料率でもBNDが有利になりました。

タケよん!のポートフォリオでもBNDは米国ETFの2本柱のもう1本です!

【BND】利上げ局面に仕込んで毎月配当の米国債券ETFで年金作り
リスクを抑えて債券市場で3%のリターンを目指すのも有効な選択肢なのが総合債券ETFです。 そこそこのリターンを得ながら低ボラティリティなバンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)を紹介します。 実際に2018年12月上旬にアメリカ株式は16%程下落していましたがBNDは+0.9%の微増とポートフォリオ全体のボラティリティを緩和してくれる緩衝材のような役割を果たしてくれました。
【AGG】iシェアーズ・コア米国総合債券市場ETFとは?米国債券ETFのAGGは毎月配当で値動き安定の優秀ETF!
米国は利上げ局面でFFレート(フェデラル・ファンド金利)が2%に到達しようかと言う状況です。 リーマンショック前の5%台からするとまだ道半ばですがトレンドとしては利上げ局面です。10年債利回りも3%に到達するかが注目を浴びています。 債券のリターンが改善してくるとリスクを取る株式投資より...
低コストETFのSPDRポートフォリオシリーズの米国総合債券ETF(SPAB)をチェック!
米国債券全体への投資の場合、BNDかAGGが2大選択肢になると思っていましたが、もう一つ対抗馬となるETFがあったので調べて見ました。 楽天証券で取り扱いを始めたのが2018年7月からとわりと最近からだったので情報が少なかったので気付かなかったでぐあ、非常に低コストの優良ETFです。

【VOO】バンガード・S&P500 ETF

0.04% → 0.03%です。

あのウォーレン・バフェット氏も自身の死後は資産をS&P500連動ETFで運用しなさいと妻に残しているのは有名な話ですよね。その投資が実践できるのがこのVOOです。米国の有名な500企業にまとめて投資ができます。

他にもIVV、SPYがS&P500連動ETFとしてありますが、今回の手数料改定でVOOが一歩抜け出した形になります。

【VOO】米国株王道ETF!バフェット氏も推薦するS&P500連動ETF
まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 世界一有名な投資家と言っても過言ではないウォーレン・バフェット氏ですが、自身の死後は妻にS&P500連動ETFで運用しなさいと残しているのは有名な話ですよね。 そこでS&P500連動ETFであるバンガード社のVOOについて調...
【SPY】SPDR S&P500ETFは1993年から続く老舗の巨額ファンドだ!
ウォーレン・バフェット氏が推奨するS&P500インデックスへの投資が可能な海外ETFであるSPYの紹介です。25年も長く運用されている老舗ETFです。運用資産額は国家予算レベルの30兆円です。そんな巨大ETFについて調べて見ました。アメリカ株式全体に投資するVTIとトータルリターンを比較すると興味深い結果になりました。

【VEA】バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF

0.07% → 0.05%です。

米国を除く先進国各国にまとめて投資が出来るETFです。主たる投資先としては日本、イギリス、カナダ、フランス、スイスと続きます。米国以外に投資をしたい場合の候補になるETFですね。ただ米国株式市場経由で日本へも投資をしている点でやや扱いにくいかと思います。

【VEA】バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETFを日本人は買うな!
バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF)を調べて見ました。 このETFの中身の2割強は日本株への投資となるので、わざわざドル建てで為替リスクを背負って、しかも米国株式の高い取引手数料を払って保有する意味が見つかりませんでした。 国別構成比率、中長期トータルリターン、配当・増配率を整理しました。私たち日本人には投資妙味のないETFですが。

【VO】バンガード・米国ミッドキャップETF

0.05% → 0.04%です。

米国株の中型株を投資対象とするETFです。投資対象は368銘柄に分散されています。トータルリターンは5年で成長率10%弱です。VTIが11.2%あることを考えると少し物足りないですね。中型株に集中投資したい場合に活用したいETFです。

【VTV】 バンガード・米国バリューETF

0.05% → 0.04%です。

米国株の大型バリュー株に絞って投資をするETFです。バリュー株式を狙い撃ちしているので投資対象のPERの平均はVTIの19.8倍に対し、VTVは16.4倍となっています。

中には利益成長率が低いが故に割安株となってしまっている銘柄もある点には注意が必要です。

VTV(バンガード・米国バリューETF)はシーゲル流のETF!
ジェレミー・シーゲル先生の著書には米国の低PER株の投資は他のグループよりもリターンが高いことが書かれています。 具体的には1957年~2006年の50年間のトータルリターンを見ると低PERグループのリターンは14.3%でありS&P500平均の11.13%よりも優れていたそうです。 ...

【VUG】バンガード・米国グロースETF

0.05% → 0.04%です。

米国株の大型グロース株へ投資するETFです。リターンは5年で13.3%とVTIの11.2%を上回っています。投資対象上位はMicrosoft、Apple、Amazon、Googleとテクノロジー株に偏っている点も特徴です。

VTIもセクター別構成比率では同様にテクノロジーがトップですが比率は20.4%です。対してこのVUGの場合はテクノロジー比率は34%と高いです。

【VV】バンガード・米国ラージキャップETF

0.05% → 0.04%です。

米国株の大型株へ投資するETFです。成績は5年平均で11.5%の成長なのでVTIの11.2%と比べても大差はありません。対象は大型株への投資ですが構成銘柄数は607と広く分散されています。

【VXF】バンガード・米国エクステンデッド・マーケットETF

0.08% → 0.07%です。

米国の中型&小型株へ投資するETFです。特徴は構成銘柄数が3,268とかなり多い点です。米国の全株式をほぼカバーするVTIが3,615なのでそれより大型株が対象外になっている分だけ銘柄数がVTIより少ないです。

一方で成績は5年平均で9.2%です。VTIが11.2%とVTIの方が優れています。ただ10年間のリターンではどちらも15.3%と大差はありません。

となると経費率で見てもお得なVTIに投資したくなりますね…

ブログ後記

今でも十分安かったバンガードのETFが更にコストカットに動いてくれる姿勢が嬉しいですね。今後もバンガード、ブラックロック、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズのETFで迷ったら今後の経費率の値下げを期待してバンガードのETFを選ぶのもアリかも知れませんね。

また今回のVTIの経費率改定のお陰で楽天VTIの信託報酬も値下がりすることになります。ありがたいですね。

ほなまた。


関連記事です。配当重視のETFの比較記事です。

分配金重視の米国株ETFを比較しました!【VYM/HDV/VIG/SPYD/DVY/SDY】
まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 不労所得を作りたい。自分年金を作りたい。配当金で生活した。分配金、配当金重視の投資家が一度は検討したことがあるであろう高分配系ETFを比較してみました。 今回取り上げるETFは以下の6つです。米国を代表する運用会社であるブラックロック、バン...

コメント