運用成績表(米国株ポートフォリオ編)2018.11末

この記事は約2分で読めます。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

今年に入って米国株ETFも買い進めてきたので日本株よりもポジションが大きくなってきました。

整理の意味も込めて記事にしてみます。

11月度の米国株取引

11月はVTIの買い増しとBNDの新規購入です。

今まで株式ETFばかり買っていましたが、取引額が多きなってきたのでボラティリティを低下させるために債券クラスのETFを組み込みました。

色々な債券を調べてきましたが、結局総合債券が良いとの結論に達したのでBNDを選んでいます。

日付銘柄売買単価数量
2018/11/5VTI買い $       141.0010
2018/11/20BND買い $         77.9815

保有銘柄一覧

銘柄数量
VTI35株
BND15株
PFF30株
VYM13株
IVV5株

米国株ポートフォリオ

米国株ポートフォリオです。約半数をVTIで占めています。最初はいろいろな高配当やら優先株式やらいろいろなETFを買っていました。

色々なETFを調べまくった結果、ある時気付きました。アメリカ株を持つならVTIが最適解であると。

あのたぱぞうさんもVTIをオススメ1位のETFと仰られています。

私自身でもブログ記事のために高配当やら連続増配やら新興国やら様々なETFを調査しましたが、VTIが一番いいなと言う考えに至ってからはVTIの買い増しみを続けています。

米国株ポートフォリオ比率

運用額が増えて1日の値動きが少し気になる金額に達してきたので債券ETFを混ぜるようにしています。

まだ割合は全体の12%と少ないですが、今後はもう少し比率を上げていくつもりです。

今後の米国株取引予定

引き続きVTIとBNDを中心に買い増しを続けていく予定です。

面白みのないポートフォリオかも知れませんが、超長期積み立てポートフォリオを想定した場合はこの組み合わせが最適だと思っています。

ほなまた。


関連記事です。主力のVTIの調査記事です。

米国株デビューで迷ったら、15万円分くらいのVTIを買うのが正解
米国株デビューをしたいけど、何から買えばいいか分からなければ、とりあえず15万円程度のVTIを買うのが正解です。理由は後述します。 他の著名米国株ブロガーのブログを読んで勉強したが、高配当な個別銘柄とかバフェット銘柄とかS&P500連動ETFとか良さそうな投資対象が多岐に渡り、何から始...

でも初めて買った米国株式はPFFでした。

PFF(米国優先株式ETF)は6%超の高配当銘柄です!
タケよん!が吟味に吟味を重ねた上で初めて購入した米国株ETFがこのPFFです。まだ30株しか持っていませんが、一応PFFホルダーです。 日本人に人気のVTI(Vanguard Total Stock Market ETF)や運用総額トップのSPY(SPDR S&P 500 ET...

コメント