【EEM】iシェアーズMSCIエマージング・マーケットETFはちょっぴり経費率がお高めの新興国株式ETFだった

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

成長を期待する新興国への投資ならなおさらETFを活用したいシーンですね。新興国への個別投資はリスクが高い上に手数料などハードルも高いです。

ですが、米国株式市場に上場するETFならそんな心配もありません。

投資ハードルは低く、個別銘柄のような高ボラティリティにさらされることも無いです。

とはいっても新興国株式そのものがボラティリティが高くなりがちなので理解は必要になります。

新興国ETFと言えばVWOと言う雰囲気がありますが、それ以外にも選択肢はあるので一応紹介しておきます。

本記事の結論・まとめ

  • EEMはアジアを中心とした新興国14カ国にまとめて投資できるETF
  • 経費率が0.69%とお高めなのが残念

EEMの特徴

EEMはブラックロックが運用する新興国株式ETFです。

経費率は高めで0.69%もあります。同じ新興国ETFであるVWOは0.14%であることを考えると高コストと言わざるを得ません。

EEM基本データ
投資対象新興国の大型および中型株式
対象インデックスMSCI エマージング・マーケット・インデックス
配当利回り2.47%
経費率0.69%
配当月半期毎(6,12月)
構成銘柄数1,005
設定日2003/4/7

EEMの構成銘柄

EEMは全1,005銘柄で構成されていますが、その上位10銘柄がこちらです。

上位10銘柄で占める割合は23%です。

構成比率トップは中国のテンセント、2位は台湾のTSMC、そしてサムスン電子、アリババ、ナスパーズと続きます。

銘柄構成比率
TENCENT HOLDINGS LTD4.34%
TAIWAN SEMICONDUCTOR MANUFACTURING3.85%
SAMSUNG ELECTRONICS LTD3.85%
ALIBABA GROUP HOLDING ADR REPRESEN3.50%
NASPERS LTD1.77%
CHINA CONSTRUCTION BANK CORP H1.63%
CHINA MOBILE LTD1.19%
BAIDU ADR REPTG INC CLASS A1.06%
PING AN INSURANCE (GROUP) CO OF CH1.05%
INDUSTRIAL AND COMMERCIAL BANK OF0.98%

EEMの国別構成比率

非常に多くの国に分散投資していることが分かりますが、一番の投資先は中国で30%です。他に韓国台湾とアジア諸国が続きます。

その他インドネシアやポーランド等14カ国の株式へ投資をしています。

EEMのチャート・トータルリターン

チャート、トータルリターン比較ではライバルとなりうるバンガードの新興国ETFであるVWOと比較してみました。

直近1年間のトータルリターン

直近1年間のトータルリターンはいずれもマイナス成長です。ともに10%超の下落となっています。


ETFreplay.comより

直近3年間のトータルリターン

EEMの直近3年間のトータルリターンです。

VWOもEEMも似たようなチャートです。年間平均成長率はEEMの方が若干良く、+8.2%となっています。


ETFreplay.comより

設定来のトータルリターン

EEMは2003年設定ですが、VWOの設定来となる2005年からのトータルリターンの比較です。

リーマンショック前からの数字となりますが年間平均成長率はほぼ同じでEEMで+5.5%となっています。


ETFreplay.comより

EEMの年間配当額・増配率

EEMの過去の配当実績です。新興国ETFですのであまり配当に期待するような性質のETFではありません。2016年まではプラス成長ですが、2017年からマイナスに転じています。

※2018年は6月度の配当のみ計算しています。

EEMの最近の配当額

EEMは年2回の配当ですが、6月の配当より12月の配当が多くなる傾向にあります。

ブログ後記

EEMのようにVWO以外にも新興国へのETFを通じた投資手段はあるのですが、この経費率ではあまり魅力的ではありません。残念ながら敢えてEEMを選択する理由はありませんね。

ほな、また。


関連記事です。バンガード社の新興国ETFであるVWOの紹介です。

【VWO】バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETFってどんなETF?
発展途上の新興国には今後の成長は期待感があり、その恩恵にあやかりたい! 新興国への投資には米国株式市場に上場するVWO(バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF)と言うETFがコストも安く有利。新興国株式への直接投資は難しいですが、このVWOなら米国籍ETFのため簡単に中国、台湾、インド等の新興国各国に投資が可能

DGREと言う新興国株で配当成長が期待できる企業へ投資するETFもあります。

【DGRE】で配当と新興国投資の両立!ウィズダムツリー社のETF
DGRE(ウィズダムツリー新興国株クオリティ配当成長ファンド)は新興国で配当成長が期待できる企業への投資を行うファンドです。 DGREは米国株式市場に上場しているため、新興国株投資でありながら投資への難易度はぐっと下がります。 国内のネット証券からは楽天証券、SBI証券、マネックス証券で...

DEMと言う高配当な新興国株に投資できるETFもあります。

DEMは新興国かつ高配当な銘柄への分散投資ができて一石二鳥!
DEM(ウィズダムツリー 新興国株 高配当ファンド)は新興国への投資と高配当銘柄への投資の両立ができるETFです。 DEMは米国株式市場に上場しているため、新興国株投資でありながら投資への難易度はぐっと下がります。 同じ新興国へ投資するバンガードのVWOは配当利回りが2.53%ですが、こ...

コメント