マネックス証券が米国株取引手数料を引き下げたけど【がっかり】だった

この記事は約4分で読めます。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

通勤時間にツイッターを見るのが日課になっています。そこに興味深いニュースが流れてきました。

マネックス証券、米株購入手数料下げ 5ドルから0.1ドルへ

インデックス投資家の敵はコスト

外国株式の長期のインデックス投資を行う投資家にとって、投資手段に投資信託を選ぶのかETFを選ぶのかは意見が分かれると思います。意見が分かれる原因は「取引コスト」にあります。

信託報酬ではETFの方が低コストで優れているけど購入手数料面では投資信託にアドバンテージがあります。ノーロード投信は購入手数料がかかりませんからね。

覚悟して長期で持つにはETF、今後より良い商品が出た時に乗り換えやすいのが投資信託とも言えます。

今回のマネックス証券の米国株購入コスト引き下げ内容

今回のマネックス証券の米記株取引手数料の改定は最低手数料こそ0.1ドルに引き下げられたのは事実ですが、手数料率に改定はありませんでした。


マネックス証券HPより引用

我々米国株投資家は今まで手数料率を気にして1回当たりの約定代金が1,112ドル以上になるように気にしてきたはずです(5ドル÷0.45%=1,111.111…ドル)

つまり1,112ドル以上購入する分にはマネックス証券だろうが、楽天証券だろうが同じ取引手数料です。

※2019/7/9時点でSBI証券(0ドル)、楽天証券(0.01ドル)共に最低手数料を引き下げたので各社ほぼ横並びの状態です。

少額でお試し購入しやすくなったのは事実

恩恵を受ける層もいます。

少額で米国株投資を行いたい人にはGood News

例えばiPhoneでお馴染みのアップル(APPL)を試しに買ってみようと思っても今までは手数料率を気にして0.45%の手数料率で抑えようとした場合、今の株価なら6株分、1,200ドル(約13万円)の資金が必要でした。

ですがマネックス証券なら200ドル(約2.2万円弱)の資金でアップル(APPL)株ホルダーになることができます。低資金でもしっかりと銘柄分散ができますね。

マネックス証券の新手数料体系では最低手数料が0.1ドルなので23ドル以上の取引であれば手数料率0.45%の負担で済みます(0.1ドル÷0.45%=22.222…ドル)

このように少額で米国株投資を行いたい人にとっては朗報と言えます。

こまめに配当再投資を行いたい人にはGood News

他にも配当再投資を行うケースですね。米国株は四半期に配当金・分配金を出す銘柄が多いです。PFFやBNDのように毎月分配金を出すETFだってあります。

投資金額が少ないうちは分配金は月数十ドル程度だったりしますが、マネックス証券の新手数料体系ではこまめに米国株を買い増しすることができるようになります。これは大きいですね。効率よく資金を運用することができます。

この点に関しては少し羨ましい気もします。下記で報告しているようにタケよん!の米国株の分配金は年間500ドル程度になる予定です。

配当収入まとめ(2019.06末)年間5万円&500ドルペースです!
まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 毎月恒例の配当金受け取り状況です。配当金はETFを買い増ししているので基本的には右肩上がりです。見ていて安心できますね。日本株の方は買い増しペースは緩やかなのでそこまで急には増えていません。 少しづつ育てていきたいです。今はまだ芽の状態です...

そのため楽天証券で手数料率を気にしていたら2年分くらいの分配金をまとめて再投資する必要がありますから。分配金再投資が手軽に出来る点は嬉しいですね。

期待するのは楽天証券、SBI証券の追随と手数料率の改定

マネックス証券の手数料率改定は素直に応援します。競争が起こることで楽天、SBIの値下げ追従を期待します。

バンガードや三菱UFJ国際投信のようにコストを引き下げてフィデューシャリー・デューティーに取り組む企業が増えていますから更に望むことは手数料率の引き下げをです。

※2019/7/9時点でSBI証券(0ドル)、楽天証券(0.01ドル)共に最低手数料を引き下げたので各社ほぼ横並びの状態です。

ブログ後記

楽天証券で米国株を取引きしていますが今回の手数料改定では次からはマネックス!とはなりません。取引口座が増えると管理が面倒ですし。そもそも今までどおり1,112ドル以上づつ買うのであれば今のところ3社横並びですし。

ただ、今後の手数料・手数料率の引き下げの起爆剤になってくれることを期待しています。

ほなまた。


関連記事です。米国株の取引きができる3社を比較しました。

米国株投資が可能な証券会社【楽天、SBI、マネックス】の3社を徹底比較
まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 米国株投資、やっていますか?iPhone、MacBookでお馴染みのApple社が世界初の1兆ドル企業に成長したり、今年に入ってからアマゾンも50%以上株価が上がったりと景気の良いニュースが多いですね。 となると米国株投資をやってみようかな...

コメント