【IYR】iシェアーズ 米国不動産 ETFは配当もキャピタルも狙えるETF

この記事は約6分で読めます。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

国内ではREIT市場が健闘した2018年でした。健闘したと言っても下がった株式に比べて「あまり下がらなかった」だけですが。

参考記事です。2018年の資産クラス別のリターンをまとめた記事です。

2018年投資対象別リターンを比較する!やはり分散投資は重要!
まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 2019年ももう5%強が過ぎましたが、去年の資産クラス別の成績を振り返ってみます。頭に数字が入っていない時点での印象では2018年相場は悪く、総じてマイナスリターンな印象です。 印象だけに終わらず、数字を見て振り返ってみたいと思いま...

本記事の結論・まとめ

  • IYRひとつで米国のREITにまとめて投資が可能
  • 配当利回りは3.13%と実はJ-REITより低利回り
  • 配当込みの年間平均成長率は9.2%と優れたトータルリターン
  • リーマンショックのような金融危機時の高ボラティリティに注意

IYRの特徴

IYRは世界最大の資産運用会社であるブラックロック社が運用するETFです。投資対象は米国のREITです。良く分からない外国の個別REITを買うよりもETFでまとめて保有しておくと価格変動リスクも抑えられて安心ですね。

 

連動目標とするインデックスはダウ・ジョーンズ米国不動産指数を採用しています。この指数は米国市場の不動産セクター銘柄で構成されており、更に細かく分類するとホテル系のリートや住宅、オフィス、商業施設などの不動産を対象としたリートが含まれます。

 

配当利回りは3.13%です。日本のREITの平均分配金利回りは3.99%なので実は米国REITの方が利回りで言うと低いことになります。これは意外ですね。

 

またIYRの信託報酬は0.43%と他の激安米国株式ETFなどと比べると割高です。しかし米国不動産ETFとなるとこの程度の信託報酬は必要になってきます。

iシェアーズ米国不動産ETF(IYR)
IYR基本データ
投資対象米国の不動産関連業(開発・管理など)
の株式、およびREIT(不動産投資信託)
対象
インデックス
ダウ・ジョーンズ米国不動産指数
配当利回り3.13%
信託報酬0.43%
配当月四半期毎(3,6,9,12月)
構成銘柄数114
設定日2000/6/12

IYRの構成銘柄

IYRは全114銘柄で構成されており、その上位10銘柄がこちらです。対象インデックスは時価総額での加重平均型のため、構成銘柄上位に偏りがあり、上位10銘柄だけで36%を占めています。

 

構成銘柄ごとの配当利回りには偏りがあります。J-REITの場合は少なくとも3%近くの利回りがあるのに対し、米国REITでは構成比率1位のAMTのように1%台のREITがあるなど、配当利回りに関して言えばバラバラです。

ティッカー銘柄構成比率配当利回
AMTAMERICAN TOWER REIT CORP7.07%1.89%
SPGSIMON PROPERTY GROUP REIT INC5.12%4.47%
CCICROWN CASTLE INTERNATIONAL REIT CO4.50%3.75%
PLDPROLOGIS REIT INC4.05%2.70%
EQIXEQUINIX REIT INC3.06%2.34%
PSAPUBLIC STORAGE REIT2.81%3.85%
WELLWELLTOWER INC2.63%4.48%
AVBAVALONBAY COMMUNITIES REIT INC2.45%3.10%
EQREQUITY RESIDENTIAL REIT2.44%2.95%
DLRDIGITAL REALTY TRUST REIT INC2.14%3.51%

IYRのセクター別構成比率

チャート・トータルリターン

IYRの10年来チャートです。ちょうどリーマンショック後からのチャートになりますが、なだらかな右肩上がりです。昨今はやや上昇ペースが鈍化しているようにも見えます。

 

なお、リーマンショック前の水準では90ドル超の株価であったため、まだリーマンショック前の株価水準まで戻していないことになります。ただ配当利回りが今でも3%超、過去には5%近くあったため、配当込みで換算するとリーマンショック前の水準は超えています。

参考:東証REIT指数のチャート

上記でJ-REITより配当利回りが低いと書きましたが、比較のために東証REIT指数の推移を見て見ます。同じくリーマンショック後の推移ですが2010年比で倍近くまで上昇しています。上昇率を見ればIYRとそん色ありません。

※注意:下図は東証REIT指数のチャートです


SBI証券より

直近1年間の配当金込みチャート

直近1年間のリターンをVTIと比較してみました。不動産と株式の比較の格好ですね。直近1年間ではVTI(株式)の5.2%と比較してもIYR(不動産)が19.4%と大きく上げています。


ETFreplay.comより

直近3年間の配当金込みチャート

直近3年間の配当金込みのチャートです。ここ3年では米国株式の調子がよく、VTIの年間平均成長率は16.3%でした。対してIYR(不動産)は11.7%です。十分立派な数字ですが。


ETFreplay.comより

設定来からの配当金込みチャート

2001年からのチャートです。年間平均成長率ではVTI(株式)よりもIYR(不動産)の方が成績が良く、9.2%と良好な数字を残しています。

ただ、リーマンショック時の激しいチャートからも分かるようにボラティリティも高くなっています。


ETFreplay.comより

IYRの配当・増配率

IYRの年間配当額の推移

過去の配当実績は下図のとおりです。2016年までは増配ペースでしたが2017年以降は減配ペースです。

とはいえ2ドル前後の配当金が安定して狙えるETFと言えます。

IYRの最近の配当履歴

四半期ごとに配当がありますが毎回0.6ドル~0.8ドルの配当支払いがあります。どのETFにも言えますが傾向としては12月の配当金が多くなっています。

ブログ後記

株式クラス、債券クラスだけでなく不動産クラスも持つべきか検討中です。以外だったのはJ-REITより分配利回りが低い点でした。ただ、長期での年間平均成長率がVTI以上なのは魅力的です。引き続き他のETFとも比較、検討します。


関連記事です。全世界の株式市場の過半数を超えるアメリカ株式市場全体に投資する優秀なETFがVTIです。

米国株デビューで迷ったら、15万円分くらいのVTIを買うのが正解
米国株デビューをしたいけど、何から買えばいいか分からなければ、とりあえず15万円程度のVTIを買うのが正解です。理由は後述します。 他の著名米国株ブロガーのブログを読んで勉強したが、高配当な個別銘柄とかバフェット銘柄とかS&P500連動ETFとか良さそうな投資対象が多岐に渡り、何から始...

高ボラティリティのETFと組み合わせて持ちたいのは低ボラティリティの債券ETFです。

【BND】利上げ局面に仕込んで毎月配当の米国債券ETFで年金作り
リスクを抑えて債券市場で3%のリターンを目指すのも有効な選択肢なのが総合債券ETFです。 そこそこのリターンを得ながら低ボラティリティなバンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)を紹介します。 実際に2018年12月上旬にアメリカ株式は16%程下落していましたがBNDは+0.9%の微増とポートフォリオ全体のボラティリティを緩和してくれる緩衝材のような役割を果たしてくれました。

コメント