【EWZ】ブラジルに手軽にインデックス投資ができるETFの紹介!

この記事は約5分で読めます。

先日「2050年の世界経済を見据えた投資先選び」と言う記事で書きましたが、ブラジルはGDPの伸び率が2016年比で241%でした。

まだまだ30年かかけて2倍以上に国自体が成長すると見込まれています。

これは長期投資するに値するデータですね。と言うことでブラジルに手軽に?投資ができる米国株式市場に上場するETFの紹介です。

iシェアーズ MSCI ブラジルETF(EWZ)とは

米国株式市場に上場するETFなので購入のハードルは米国株式と同じです。つまり低いハードルです。

iシェアーズシリーズは世界最大の資産運用会社であるブラックロック社が運営するETFです。

EWZ基本データ
投資対象ブラジルの大型および中型の株式
ブラジルの株式市場の時価総額85%を対象
対象インデックスMSCI Brazil 25/50 Index
経費率0.62%
設定日2000/7/10

構成銘柄

iシェアーズ MSCI ブラジルETF(EWZ)は63銘柄で構成されています。構成銘柄の組み入れ比率トップ10は次のとおりです。

ティッカー銘柄業種構成比率配当利回
VALE3CIA VALE DO RIO DOCE SH素材11.99%
ITUB4ITAU UNIBANCO HOLDING PREF SA金融10.78%6.3%
BBDC4BANCO BRADESCO PREF SA金融7.34%3.4%
BRLBRL CASHキャッシュ等5.78%
PETR4PETROLEO BRASILEIRO PREF SAエネルギー4.93%0.2%
ABEV3AMBEV SA生活必需品4.32%2.7%
B3SA3B3 BRASIL BOLSA BALCAO SA金融4.18%2.6%
PETR3PETROBRASエネルギー3.99%0.2%
ITSA4ITAUSA INVESTIMENTOS ITAU PREF SA金融3.02%8.3%
BBAS3BANCO DO BRASIL S/A金融2.40%3.3%

組入れ銘柄数が63銘柄と少なめのため、上位10銘柄でETFの58%を構成しています。特に上位2銘柄は各10%を超えています。

業種セクター別構成比率

組入れ比率上位の2位、3位が金融業という事からも伺えますが、金融セクターの比率が多いです。

新興国が成長する過程では国の経済を安定化させるたにも銀行の役割が重要かつ起点となります。

セクター構成比
金融32.54%
素材20.75%
エネルギー10.79%
生活必需品10.78%
資本財・サービス6.79%
一般消費財・サービス5.73%
公益事業4.60%
電気通信3.05%
情報技術1.87%
不動産1.46%
ヘルスケア1.24%
キャッシュ等0.42%

金融以外では素材、エネルギー、生活必需品と続き、ディフェンシブセクターが続くことから安定と高配当が望めそうです。

金融業への偏りがデメリットである反面、ディフェンシブセクターが多く、安定が期待できるメリットも兼ね備えています。

ただ、特にリーマンショックのような金融ショックの際は大きな影響を受けると予想されます。

株価・チャート

iシェアーズMSCIブラジルTF(EWZ)と新興国全体を投資対象としたVWO(バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF)を比較しています。

VWOにはブラジル株式を8.3%含んでいます。多いのは中国(32.6%)、台湾(14.4%)、インド(11.8%)です。なお使用しているチャートは配当込みのトータルリターンです。

全体的にブラジル市況はボラティリティが高いです。

EWZ株価チャート(直近1年間)

直近1年のチャートではVWOは僅かながらプラスで終えているの対し、ブラジルは-10.6%と1割以上も価値が落ちています。

ETFreplay.comより

2018年3月頃からの下落が足を引っ張っていますね。

EWZ株価チャート(直近3年間)

3年間のチャートですとVWOもEWZもプラスです。EWZは3年トータルでは34.9%も成長していることが分かります。

2018年に入ってからの調整が無ければもっと大きな差になっていたでしょう。投資の世界で「たら、れば」はNGですが…


E
TFreplay.comより

EWZ株価チャート(設定来)

比較対象のVWOが設定された2005年からのチャートです。リーマンショック時の落ち込みが激しいですね。新興国投資をするならこのリスクを受け入れないといけません。

そしてリーマンショック前高値をまだ突破できていませんね。


ETFreplay.comより

分配・配当の推移

新興国投資のため配当を重視するETFではありません。

配当利回りは1.74%程度です。リーマンショック後に配当額が落ち込んで、ここ3年ほどは1株当たり1ドルを割っています。

2010年以降の配当履歴です。2009年、2010年にドカンと大きな配当がありましたが、最近はバラツキがありますが平均0.3~0.4ドル程度の配当があります。

決算は年2回で6月と12月です。

まとめ

  • EWZで2050年にかけてGDPが大241%成長する見込みのあるブラジルに投資ができる
  • 3割が金融(銀行)業への投資である点には注意
  • ボラティリティ高さにも注意
  • 配当はバラつきあり

関連記事です。同じくGDP成長率の期待ができるインドネシアへの投資ができるETFです。

【EIDO】インドネシアに投資ができるETFの紹介!注意点あり!
2050年までにGDPが大きく成長する見込みのインドネシア。長期投資を実践するなら成長が見込まれるインドネシアへの投資も検討sべきですよね。iシェアーズMSCIインドネシアETF(EIDO)なら米国株式市場を通じてインドネシアへの投資を簡単に実践できます。 そこで今回はEIDOの構成銘柄や配当、チャート、トータルリターンについて調べて見ました。

GDP成長率に着目するならインドですね。

【EPI】ウィズダムツリーインド株収益ファンドでインド株に投資!
人口が爆発的に増加中のインド。そんな人口ボーナス国へ投資する場合、米国株式市場で公開されているウィズダムツリー インド株収益ファンド(EPI)と言うETFが有力な選択肢となります。そんなEPIについて投資対象銘柄や配当、チャート、トータルリターンについて調べて見ました。

高配当ETFならVIGもおススメです。

高配当な株だけを集めたETFにはVYMとHDVがあります。

VYM(バンガード米国高配当株ETF)はおススメETFです!
バンガード社の高配当ETF【VYM】の紹介です。気になる配当利回りは2.94%で、高配当銘柄を集めたETFです。 正式名称はバンガード・ハイディビデンド・イールドETF(Vanguard High Dividend Yield ETF)です。
HDV(iシェアーズ・コア米国高配当株ETF)は4%!超の高利回り!
世界最大の資産運用会社であるブラックロック社のETFの紹介です。iシェアーズ 米国高配当株 ETF(HDV)という高配当株に特化したETFです。 配当利回りは4.38%と、先日紹介したVYM(バンガード米国高配当株ETF)の2.93%や、VIG(バンガード米国増配株式ETF)の1.87%よりも...

そんなETFをまとめて比較した記事はこちらです。

コメント