米国株投資はどの証券会社がいい?楽天?SBI?マネックス?(前編)

スポンサーリンク

米国株投資、やっていますか?iPhone、MacBookでお馴染みのApple社が世界初の1兆ドル企業に成長したり、今年に入ってからアマゾンも50%以上株価が上がったりと景気の良いニュースが多いですね。

となると米国株投資をやってみようかな。と思うわけです。他にも個別株はちょっと…と言う場合はETFで分散投資することもできますし、10年以上増配してきた銘柄ばかりを集めた配当重視なETF等、バリエーションにも富んでいます。

そこで米国株取引をする際にどこのネット証券を選べばいいかを比較してみました。

ちなみにタケよん!は今回紹介する3社全ての口座を開設済みです!使い勝手を知っているからこその比較です。

スポンサーリンク

米国株がネットで取引可能なのは3社だけ!

米国株の取り引きをネットで完結できるのは次の3社だけです。

  • 楽天証券
  • SBI証券
  • マネックス証券

です。他にも野村證券やSMBC日興証券なども米国株式を取り扱っていますが、国内株と違って米国株の取引きは電話注文のみの取引きとなります。

そのため米国株がネット取引で完結できるのは上記3社のみです。

以降では3社の特徴について比較をしていきます。

取引可能な銘柄数はマネックス証券が一番多い

だけど、取り扱い銘柄数の差はあまり関係ありません。

楽天証券:1,495銘柄


楽天証券HPより

SBI証券:1,476銘柄


SBI証券HPより

マネックス証券:3,043銘柄


マネックス証券HPより

マネックス証券が抜きん出ていますね。他2社の倍です。

米国株取扱い銘柄数比較

楽天証券とSBI証券は約1,500銘柄少ないですが、これはデメリットではないです。

米国株投資でどんな銘柄に投資をしたいですか?VT、VTIなどのETF、Apple、Amazonのような成長著しい有名銘柄、はたまたコカ・コーラやジョンソンエンドジョンソンのような安定して配当を出し続ける銘柄でしょうか。

どちらにせよ有名な銘柄ばかりですよね?大丈夫です。メジャーな銘柄は上記3社どこでも取り扱っています。

日本国内に居住しているとどうしても入手できる情報量が少ないです。なのであまりマイナーな株式を取引できることがメリットにはなりません。そのため、取り扱い銘柄数の数字に差はあっても実質はネット証券会社3社で優劣はありません。

スポンサーリンク

取引手数料は3社どこも同じ!

約定代金の0.45%で最低手数料は5ドルからで、手数料の上限は20ドルです。

米国株取引手数料比較

5ドル÷0.45%=1,111.11…ドルですから、1回の注文で1,112ドル分以上取引したほうが手数料的に損をしないです。

20ドル÷0.45%=4,444.44…ドルですから、4,445ドル以上の取引であれば取引額が多くなればなるほど、手数料的にお得度が増します。

ただし、一気に投資するのはNGです。時間分散をしましょう。

為替手数料も3社どこも同じ!

3社共通で片道25銭です。往復で50銭ですね。FX経験者からすると高いスプレッドですと感じるかもしれません。


楽天証券HPより


SBI証券HPより


マネックス証券HPより

ただ、銀行の窓口でドル転しようとすると往復で2円程かかってしまうのでそれを思うと安いですよね。

スポンサーリンク

まとめ

    • 米国株取引は楽天証券、SBI証券、マネックス証券で可能
    • 取扱い銘柄数はマネックス証券がダントツに多いけどだからといってマネックス証券が優位なわけではない
    • 買付手数料は各社横並びで差はない

関連記事です。米国株ETFで配当利回り10%超のものもあります。

ZMLPと言う10%超の高配当な米国ETFがあります。投資対象がMLPであるETFなのですが、そもそもMLPとは何かからの解説記事です。ZMLPにはもちろんリスクもありますが10%を超える分配金があると言う点で旨みもあります。
イールドシェアーズ・ハイ・インカム・ETFと言う怪しい?ETFを見つけました。 なんと分配金利回りが10%を超えていて、しかもPFF(...

アマゾンなんかは大企業なのに新興企業のような株価成長企業です。

シンプルにバフェット氏の言う通り、S&P500連動ETFでも十分かも知れません。

ウォーレン・バフェット氏が自分の死後は資金の9割をS&P500に投資せよ!と残しているのは有名な話です。ではそのS&P500...
スポンサーリンク