2019年は主要な米国株ETFに投資していれば20~30%は資産が増えていた!?

この記事は約4分で読めます。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

私にとって2019年は本格的に米国株投資を始めた1年でした。VTIやVYMなどの王道ETFに多く投資をしました。

もう1年も終わりなので2019年の主要ETFの成績を振り返ってみたいと思います。最初に感想を言うとさすがに急に騰がりすぎです。手放しで喜べないかなぁとも思います。

主要米国株式ETFの2019年リターンまとめ

米国株式全体に投資するVTI、その中でも大型株500種に絞ったS&P500連動のIVV、更にアメリカを代表する30社に絞ったダウ平均株価に連動するDIAを比べて見ました。

ETF年初株価年末株価リターンリターン
(分配金込)
分配
利回り
VTI127.73164.0828.5%30.0%1.23%
IVV251.72324.2628.8%31.4%1.98%
DIA233.36286.3322.7%25.2%2.08%

今年だけを見るとバフェット先生の言う通りに黙ってS&P500に投資をしておけばよかったことになります。

分配金利回りはDIA>IVV>VTIですが分配金込みのトータルリターンはその逆のIVV>VTI>DIAとなっています。

VTIは米国株のほぼ100%、IVVは米国株の80%をカバーしている都合上、似たような成績となります。

VTI、IVV、DIAの2019年リターン比較

分配金なしの年次チャートです。VTIとIVVは構成が8割がた同じなのでほぼ同じチャートになります。


Yahoo financeより引用

VTI、IVV、DIAの2019年分配金込のトータルリターン比較

分配金込みで30%近くのリターンをもたらしてくれるのは素晴らしいですね。ボラティリティはほぼ同じでリターンだけが異なります…。


ETFreplay より引用

S&P500 ETFで米国株ETF投資を始めよう!
こんにちわ。タケよん!です。皆さん投資していますか?最近の株価調整で滅入っていませんか?タケよん!は調整局面で次は何を買い増ししようかと悩んでおります。 今日は皆さんにS&P500 ETF投資の魅力をお伝えしたいと思います。 米国株ETFを始めるならS&P500から S&a...
NYダウ平均株価 VS S&P500 パフォーマンス対決
NYダウ平均株価とS&P500ってどっちがパフォーマンス良いの?米国株へ投資するにしても期待値の高い方に投資したいですよね! という事で、米国株式市場の2大株価指数であるNYダウ平均株価とS&P500で比較してみました。 NYダウ平均株価とは 一言でいうとアメリカ株式市場で...

高配当系ETFの2019年リターンまとめ

次にインカムゲインと重視する投資家に好まれるETFを集めてみました。

先ほどの米国株全体に投資するETFでは分配金利回りが1~2%だったのに対し、高配当(VIGは増配)であることを重視するETFでは1.7%~4.4%と高利回りとなっています。

ETF年初株価年末株価リターンリターン
(分配金込)
分配
利回り
SPYD33.8539.3816.3%21.5%4.43%
VYM78.1293.8720.2%23.8%3.03%
HDV84.2798.2316.6%20.4%3.27%
VIG97.32125.0728.5%30.7%1.71%

ただし2019年のトータルリターンに着目すると20%前半から30%台と差が広がっています。

分配金利回りではSPYD>HDV>VYM>VIGですがトータルリターンで見るとVIG>VYM>SPYD>HDVとほぼ利回りの逆です。

SPYD、VYM、HDV、VIGの2019年リターン比較

年間リターンでは差が開く結果となりました。連続増配ETFであるVIGが停滞することなくきれいな右肩上がりのチャートとなった分リターンでも勝っています。


Yahoo financeより引用

SPYD、VYM、HDV、VIGの2019年分配金込のトータルリターン比較

続いて分配金込みのトータルリターン比較です。資産形成と捉えると分配利回りよりもトータルリターンが最重要となります。

配当にフォーカスしたETFではVIGのみが頭一つ抜けた結果となっています。


ETFreplay より引用

分配金重視の米国株ETFを比較しました!【VYM/HDV/VIG/SPYD/DVY/SDY】
まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 不労所得を作りたい。自分年金を作りたい。配当金で生活した。分配金、配当金重視の投資家が一度は検討したことがあるであろう高分配系ETFを比較してみました。 今回取り上げるETFは以下の6つです。米国を代表する運用会社であるブラックロック、バン...

ブログ後記

ショックなことに今年は高配当、高分配なETFはトータルリターンが悪いと言う結果になってしまいました。今度はこの傾向は今年に限ったことなのかを調べて見たいと思います。

そうであれば少なくとも資産形成期は高配当ETFではなくS&P500連動ETFで良いことになります。

不景気のリセッション期だと逆の結果になるかもしれませんが。

ほなまた。


関連記事です。楽天証券でETF9本の購入手数料が無料になりました。S&P500連動ならVOOが手数料無料で購入できます。

楽天証券が米国株ETF9本の買付手数料を無料化!オススメETFは何?
まいど!タケよん!(@takeyon7)です。楽天証券から嬉しいサービスが始まりましたね!なんと米国ETFの買付手数料が2020年1月6日から無料になります!通常は0.45%の手数料が無料です。ただし対象となるETFは楽天証券が指定する9本だけですので注意しましょう。楽天証券HPより引用...

コメント