新型コロナショックで買いたくなった日本株20+5銘柄

この記事は約12分で読めます。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

新型コロナショックで株価は低迷、膨らむ評価損で意気消沈な投資家も多いのではないでしょうか。タケよん!もそれに近いですが、暴落は好機と捉え新たな投資対象銘柄を探しています。

そこで日本株で優待があったり高配当だったり割安だったりそれでいて財務基盤が安定してそうな銘柄を探してみたので報告します。ここで紹介した銘柄のいくつかは指値に引っ掛かって保有することになるかも知れません。

財務基盤が安定とは有利子負債自己資本比率が50%未満の銘柄に絞っています。一時的な赤字で倒産するような自転車操業企業を排除しています。

あと、投資しやすいように20万円以下で購入可能な銘柄にも絞っています。

新型コロナショックで買いたくなった日本株20選(サマリ)

以下がタケよん!が見つけた気になった日本株20選(証券コード順)です。優待や配当が好きなので成長期待株は含まれていません。PERも一応載せていますがコロナショックの影響で事業内容によっては今後の減益も想定されるので参考程度にした方が良いかも知れません。

コード銘柄名優待配当割安必要資金
1808長谷工コーポレーション¥123,600
2154ビーネックスグループ¥51,300
3328BEENOS¥79,100
3688CARTA HOLDINGS¥83,500
3965キャピタル・アセット・プランニング¥68,700
4246ダイキョーニシカワ¥52,700
4275カーリットホールディングス¥49,900
4343イオンファンタジー¥153,100
4902コニカミノルタ¥47,700
5282ジオスター¥31,000
5440共英製鋼¥140,100
5821平河ヒューテック¥92,800
5975東プレ¥128,700
6463TPR¥127,100
6789ローランド ディー.ジー.¥128,900
6804ホシデン¥79,000
6882三社電機製作所¥49,600
7278エクセディ¥175,600
7283愛三工業¥54,500
9857英和¥94,900

※印の説明です。

優待欄意味◎:優待利回り2%以上、○:優待利回り2%未満、△:カレンダーや優待価格販売等
配当欄の意味◎:配当利回り5%以上、○:配当利回り3%以上
割安欄の意味◎:PBR0.5以下、○PBR:1.0以下

長谷工コーポレーション(1808)

マンション建築の大手です。優待はありませんが配当利回りが高い点が魅力です。年初来高値から2割程下がっています。

企業名(証券コード)
長谷工コーポレーション(1808)
予想PBR
0.98
予想PER
6.1
予想配当利回
5.66%
優待
なし

ビーネックスグループ(2154)

年初来高値から70%近く値を下げている銘柄です。長期ホルダーはたまったもんじゃありませんが、これからエントリーする分にはその分安く買えるチャンスとも言えます。

国内外で製造系技術者派遣・請負と開発系技術者派遣を行っている企業です。

新型コロナによる需要減で製造業の稼働が減れば技術者派遣でも減収となる可能性がある点には注意ですね。配当利回りは7.8%ですが減配を想定しておくべきかもしれません。

企業名(証券コード)
ビーネックスグループ(2154)
予想PBR
1.36
予想PER
6.1
予想配当利回
7.80%
優待
なし

BEENOS(3328)

越境ECサポートサービスを行う企業です。年初来高値よりも6割ほど値下がりしています。優待が充実しており1,000株保有時で3.16%の優待利回りとなり配当利回りと合わせると5%を超えます。

9月の優待獲得に向けて保有しておくのも一考かと。

企業名(証券コード)
BEENOS(3328)
予想PBR
1.11
予想PER
5.71
予想配当利回
2.28%
優待(9月)
保有株数に応じて食品・電化製品・ギフト等と交換可能な株主優待ポイント付与(1年以上の継続保有の場合、1.2倍)

300株以上:5,000ポイント
400株以上:7,000ポイント
500株以上:9,000ポイント
600株以上:11,000ポイント
700株以上:13,000ポイント
800株以上:15,000ポイント
900株以上:17,000ポイント
1,000株以上:25,000ポイント

CARTA HOLDINGS(3688)

電通グループでネット広告事業を行う企業です。年初来高値からは半額程度まで値下がりしています。

新型コロナ影響としては広告予算削減のあおりを食らう可能性が考えられます。

企業名(証券コード)
CARTA HOLDINGS(3688)
予想PBR
0.91
予想PER
11.78
予想配当利回
1.92%
優待(6,12月)
100株保有で1,000円相当のギフトコード(Amazonギフト券等と交換可能)×年2回

キャピタル・アセット・プランニング(3965)

生命保険の販売支援システムとコンサルが主体です。優待有り、配当もそこそこの銘柄です。しかし今季第1四半期から業績が芳しくないため1月中旬から売られっぱなしです。

企業名(証券コード)
キャピタル・アセット・プランニング(3965)
予想PBR
1.24
予想PER
8.71
予想配当利回
3.06%
優待(9月)
100株保有:1500円相当のクオカード

ダイキョーニシカワ(4246)

優待有り、高配当、割安と3拍子揃った銘柄です。自動車部品製造を国内外で行っています。自動車の販売自体が低調な状況ですので業績はあまり期待できません。

企業名(証券コード)
ダイキョーニシカワ (4246)
予想PBR
0.49
予想PER
6.43
予想配当利回
5.69
優待(3月)
500円相当のクオカード

カーリットホールディングス(4275)

化薬・化学品生産を行う企業です。2020年3月期決算発表では製造ラインの故障が原因で純利益が4割も落ちています。

とはいえPBR0.45倍は魅力ですね。

企業名(証券コード)
カーリットホールディングス(4275)
予想PBR
0.45
予想PER
13.13
予想配当利回
2.4%
優待(3月)
500円相当のUCギフトカード(3年以上継続保有の場合1,000円追加)

イオンファンタジー(4343)

イオン系列でショッピングセンター内にゲームセンター等を展開しています。新型コロナの影響で客足が減っている分、業績悪化の心配があります。ただ年初来高値から54%の値下がりをチャンスと捉えるかどうかですね。

企業名(証券コード)
イオンファンタジー(4343)
予想PBR
1.06
予想PER
予想配当利回
3.27%
優待(2月、8月)
100株保有時:新潟県魚沼産コシヒカリ3kg(2月)、株主優待券(施設利用)2,000円相当

コニカミノルタ(4902)

複合機製造や写真関連商品の製造メーカーです。新型コロナの影響で在宅ワークが進むとオフィスに置く複合機利用は減ると思われます。また懸念材料としてペーパーレス化の流れも上げられます。

とは言えこれまで安定した業績を続けており、新型コロナの影響で一時的な株価下落は初めて投資する投資家にとっては歓迎かも知れません。配当利回りも6%超と高配当です。

企業名(証券コード)
コニカミノルタ(4902)
予想PBR
0.45
予想PER
31.38
予想配当利回
6.29%
優待(9月)
自社オリジナルカレンダー

ジオスター(5282)

建設用コンクリート製品の大手です。2020年3月期は純利益が前期比85%減と苦戦しています。

ただPBRは0.5倍と安値感もあります。昨年12月の年初来高値から45%値下がりしたまま新型コロナショックからの立ち直りが遅れています。

企業名(証券コード)
ジオスター(5282)
予想PBR
0.50
予想PER
48.44
予想配当利回
0.81%
優待
なし

平河ヒューテック(5821)

電線やネットワーク機器、光中継システムメーカーの平河ヒューテックです。自己資本比率が74.6%、有利子負債2,843百万円に対し利益余剰金は23,973百万円と財務基盤に申し分ありません。

優待と配当で4%程度の利回りが期待できます。

企業名(証券コード)
平河ヒューテック(5821)
予想PBR
0.52
予想PER
7.53
予想配当利回
2.69%
優待(3月)
100株保有で2,000円相当のクオカード

東プレ(5975)

独立系のプレス部品メーカー大手ですが日産向けが6割と日産低迷によるリスクがあります。また中国の武漢に新工場を建設中ですが新型コロナの影響で工事が中断しているため稼働が遅れる可能性があります。

低PER,PBR,高配当で優待有りと数字では魅力的に映ります。

企業名(証券コード)
東プレ(5975)
予想PBR
0.46
予想PER
6.62
予想配当利回
4.66%
優待(3月)
100株保有で1,000円分のクオカード(1年以上の継続保有で1,000円追加)

TPR(6463)

自動車用のピストンリング製造・販売メーカーです。利益は昨年度から落ち込み始めているので要注意です。

配当と優待で5%超の利回りが期待できます。

企業名(証券コード)
TPR(6463)
予想PBR
0.41
予想PER
6.36
予想配当利回
4.72%
優待(3月)
100株保有時:3kg分のお米券
500株保有時:6kg分のお米券
1,000株保有時:10kg分のお米券

ローランド ディー.ジー.(6789)

コンピュータミュージック用機器などを製造していたが最近は広告・看板用インクジェットプリンタを製造販売している企業です。

昨年7月の高値からは半額近くまで値を落としています。こちらも配当と優待で総合利回り5%を狙える企業です。

企業名(証券コード)
ローランド ディー.ジー.(6789)
予想PBR
0.64
予想PER
7.03
予想配当利回
3.88%
優待(12月)
100株保有で3,000円相当の世界名産品カタログギフト

ホシデン(6804)

コネクタ、ジャック、スイッチ、電磁弁等の製造を手掛ける部品メーカーです。

自己資本比率が66.8%、有利子負債12,612百万円に対し利益余剰金は76,382百万円と財務基盤に申し分ありません。

企業名(証券コード)
ホシデン(6804)
予想PBR
0.48
予想PER
5.43
予想配当利回
3.16
優待
なし

エクセディ(7278)

自動車のクラッチ等を製造する自動車部品メーカーです。自動車販売の低迷も相まって株価は下落しています。低PBR,高配当で優待もある点は魅力的です。

企業名(証券コード)
エクセディ(7278)
予想PBR
0.42
予想PER
8.46
予想配当利回
5.13%
優待(3月)
100株保有で3,000円相当のカタログギフト

愛三工業(7283)

トヨタ系自動車部品メーカーです。PBRが0.4倍を下回っています。業績は安定していますが株価はリーマンショック時の水準まで下落しています。財務面の問題は無いので新型コロナが収束して自動車販売台数も回復すると化ける銘柄かも知れません。

企業名(証券コード)
愛三工業(7283)
予想PBR
0.39
予想PER
13.2
予想配当利回
4.95%
優待
なし

英和(9857)

計測・制御機器中心の技術専門商社です。右肩上がりの株価推移でしたが新型コロナに水を差された形になっています。業績は右肩上がりにも関わらず0.6倍未満のPBRと6倍以下の予想PERとなっています。

企業名(証券コード)
英和(9857)
予想PBR
0.59
予想PER
5.78
予想配当利回
3.37%
優待(3月)
100株保有時:クオカード500円分
500株保有時:クオカード1,000円分
※3年以上の長期保有で金額は2倍

おまけ:新型コロナショックで買いたくなった日本株+5選

おまけのちょっと気になった5銘柄です。ちょっとリスクを含んでいたり20万円超だったりな銘柄たちです。

コード銘柄名予想
配当利回
優待配当割安必要資金
2685アダストリア3.52%¥136,800
5949ユニプレス5.19%¥105,900
6135牧野フライス製作所4.15%¥293,500
7239タチエス2.44%¥106,400
9201日本航空5.11%¥213,050

※印の説明です。

優待欄意味◎:優待利回り2%以上、○:優待利回り2%未満
配当欄の意味◎:配当利回り5%以上、○:配当利回り3%以上
割安欄の意味◎:PBR0.5以下、○PBR:1.0以下

ブログ後記

調査をしてみて今回の新型コロナショックでPBRが0.5倍を切るような低水準まで売られた企業が目立ちました。新型コロナによる経済悪化もいつかは回復するとみて先回り投資も良いかなと思った次第です。

最後に…投資は自己責任でお願いします。

コメント