世界中の金持ちが景気後退を恐れているらしい。リセッションは来る?

この記事は約2分で読めます。

そんなこと分かれば苦労しません。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

1行目で解が出てしまいました。まぁそんな答えを求めて当ブログに通ってくださる方は居ないと思うので大丈夫でしょう。さて、こんなタイトルの記事をアップする背景にはブルームバーグ社のニュース記事「世界の超金持ちは現金積み上げ、リセッション恐れる」を読んだからです。

記事によると債券も株式もダメ!

ブルームバーグのニュース記事に書かれていたのは「今後10年間に渡って債券は儲からない、株は大損する」とのことです。投資先が無く、カネ余りの状態が続くそうです。

またリセッションすると考える人が過半数を超え、現金保有額を増やしていると。

完全に守りに入っています。何に投資してもNGだから資金を減らさないためにキャッシュポジションを増していると。

相場暴落の有無は誰にも予測不可

ひとつ言えることは暴落するかどうかなんて誰にも分かりません。当然ですよね。分かれば投資に付き物の「リスク」が無くなるわけですから。誰でもぼろ儲け状態です。

ニュース記事や識者の情報、世間のアンケート結果をいちいち気にしていたらいつまでたっても投資が始められないし、続けられないです。

近いうちにリセッション、米国株最強、次はインドの時代、ドイツ銀行破綻から始まるリーマン級の暴落など明るいニュースから暗いニュースまで情報が溢れています。情報も取捨選択が必要です。

我々インデックス投資家にできること

では我々のようなインデックス投資家が出来る事は何でしょうか。

「最初に決めたルールに従って運用を続けること」

だと私は思っています。最初に取引ルールを定め、ルールに従って買い増しやリバランスをしてきたハズです。それを一時的な感情に惑わされずに強い意思を持って続けることこそ「我々インデックス投資家」にできる唯一の事と感じます。

コメント