楽天ペイで5%還元!2019/10/1からの増税は楽天ペイで取り戻す!

この記事は約3分で読めます。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

便利なキャッシュレス決済使っていますか?10/1からは消費税も10%にあがるので家計直撃ですね。少しでもお得な話があるならその恩恵にあやかりたいところです。

そこで今注目しているのが楽天ペイです。PayPayなどの他社が還元率の改悪を発表していますが楽天はラストスパート?なのか頑張ってます!

当記事で紹介する内容は2019年10月1日から2020年6月30日までの期間のみの還元率なので注意願います。

5%はぶっちぎりの還元率!

他社のキャッシュレス決済では頑張っても1%~2.5%程度なのに対し、楽天ペイは5%の還元を始めました。他社と僅差ではなくぶっちぎりの還元率なのが目を引きます。

これで2%増税分を取り戻すことができますね。

楽天ホームページより引用

使うお店によって付与されるポイントの上限、有効期間が違ってややこしい!

5%還元は嬉しいのですが、還元されるポイントの種類が「キャッシュレス・消費者還元事業」対象店舗かどうかで異なり、有効期限、付与ポイントの上限が異なるので気を付けよう!

対象店舗区分消費者還元事業による還元率
(楽天ポイント)
楽天ペイによる還元率
(期間限定ポイント)
合計
消費者還元
事業対象店舗
中小・小規模事業者が
経営する対象店舗
5%0%5%
中小・小規模事業者が経営
するフランチャイズチェーン
2%3%5%
消費者還元事業対象外店舗0%5%5%

消費者還元事業対象店舗で貰えるのは通常の楽天ポイント!

下のマークが表示されているような消費者還元事業対象店舗での買い物の場合に貰えるポイントは楽天の通常ポイントとなり、有効期限も最後にポイントを獲得した月から1年間有効です。

貰えるポイントも1回当たり最大25,000ptです。なので対象店舗の場合は1回当たり50万円までの買い物だと5%分の通常ポイントを貰える計算になります。

楽天ホームページより引用

ただし、消費者還元事業対象店舗であっても「フランチャイズチェーン」の場合は通常ポイントは2%で残りの3%は期間限定ポイントとなるので注意が必要です。

消費者還元事業対象外店舗では5%全部が期間限定ポイント!

対象外店舗でも楽天ペイ払いで5%還元してくれるのは嬉しいですが、貰えるポイントが期間限定ポイントです。2020年1月31日までに使い切る必要があるので注意しましょう。しかも期間中に貰えるポイント上限が3,000ptまでと定められています。

期間中6万円までの買い物が上限となります。1回当たりではなく、期間中6万円までの買い物でしかもらえない計算になります。

消費者還元事業以外のお店での5%還元はエントリー必須なので忘れずに!

誰でもどのお店でも5%還元の恩恵を受けられますが、HPからエントリーが必要なのでエントリーは済ませておきましょう。

増税後の2019年10月1日以降エントリーもできるようです。忘れる前に済ませておきましょう。

楽天ホームページより引用

ブログ後記

5%還元は嬉しい限りですが、消費者還元事業対象店舗かどうか、フランチャイズかどうかで付与されるポイント種類、上限を気にしないといけないので頭を使いますね。

自社サービスユーザーのために自腹を切って対象外店舗でもポイントを補填してくれる楽天は素晴らしいですが、やはりややこしいですね。楽天もビジネスである以上仕方ないとは思いますが。

コメント