2019年は分配金&配当金で年収を前年比5万円アップを目指します

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

会社でも頑張っているせいか歳食ったからなのかありがたいことに年収も右肩上がりを続けています。僅かな額ですが。収入は上がっても生活レベルは結婚当初から変わっていないため貯蓄ペース、投資ペースが上がっています。

2019年は年間168万円の資金投入計画

投資資金の入金代わりに楽天証券の投信積立サービスを利用しています。楽天カード払いや口座引き落としを活用しています。そこからある程度金額が貯まれば米国ETFや日本株個別銘柄投資へ振り替えています。

今年は4月までは毎月合計12万円分の投信積立設定で買い付けをしてきました。4月までで48万円です。5月からは積立額を一気に15万円に増額しました。12*4+15*8=168なので今年の投資予定は168万円です。来年は15*12で180万円です。

168万円を利回り3%で投資をすれば年収5万円UP

いずれは分配金&配当金を収入の柱に育てたいので高配当銘柄への投資も実践しています。今年購入のETFにはVTI(分配利回り1.88%)とBND(同2.83%)を軸にSPYD(4.2%)などの高配当なETFへの投資も実践しています。

168万円が利回り3%なら年収5万円アップ。168万円も投資してたったの5万円?と思うかも知れませんが、この年収に5万円上乗せは毎年続きます。死ぬまで続きます。いえ、死んでも相続した家族の年収に上乗せされ続けます。

来年も同じペースで投資を続ければ更に5万円の年収が増えます。20年続けて100万円です。投資元本も増えているでしょうから更に収入が増えているでしょう。

下のグラフは年間168万円の投資を20年間続けた場合の資産の推移です。条件は毎年168万円の投資、資産は毎年2%増、配当利回りは3%、配当再投資は無しです。

順調に資産は積み上がり、20年後には配当収入だけで120万円を超える計算になります。

投資を継続するとこれだけの資産を積み上げることができて配当による年収UPの効果も大きいですね。実際は株価に山谷があるでしょうからこんなキレイなグラフにはならないと思いますが金融危機にも負けずに資金投入を続けたいと思います。

もしも配当再投資をしたら!?

先ほどのグラフは配当再投資をしない、つまり受け取った配当金はレジャーなどに消費してしまう計算でした。

条件をひとつだけ変更して配当再投資をしていたら20年後はどうなっているでしょうか。資産額は5,500万円まで積み上がり、配当収入は年間167万円まで育っています。

もともと余剰資金で行うのが投資の基本です。余剰資金の投資で得た配当も余剰資金のハズですよね。使わずに再投資することで雪だるま式に資産と配当が積みあがることになります。

皆さんも配当金をパーッと使うのではなく再投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ほなまた。


関連記事です。配当重視な米国ETFの比較記事です。

分配金重視の米国株ETFを比較しました!【VYM/HDV/VIG/SPYD/DVY/SDY】
まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 不労所得を作りたい。自分年金を作りたい。配当金で生活した。分配金、配当金重視の投資家が一度は検討したことがあるであろう高分配系ETFを比較してみました。 今回取り上げるETFは以下の6つです。米国を代表する運用会社であるブラックロック、バン...

楽天証券で積立投資をしています。これだけで6,000ポイントゲットしています。

楽天証券×楽天カード×投信積立で楽天ポイントを年間6,000ptゲット!
我らが楽天証券がまたやってくれました!朗報です。 ニュースリリースによると投資信託の積立注文で楽天カードによるクレジット決済を利用すると積立額の1%分の楽天ポイントがもらえるとのことです。 楽天証券ニュースリリース記事より この仕組みを使えば投資信託の買付をするだけで誰でも年間で最大6...

更にひと手間加えて1万ポイントも追加でもらっています。

楽天銀行×楽天証券×投信買付で楽天ポイントを年間1万ptゲット!
この仕組みを使えば投資信託の買付をするだけで誰でも年間で最大10,800ポイントを手にすることができます。 楽天証券では投信が100円から買えますから、100円買付毎に楽天ポイントが3ptもらえます。しかも100円から買える投信の買付1件ごとにです。 下の画像はタケよん!が実際に獲得して...

コメント