リボ払はヤバいくらい利息が減らない【ダメ。ゼッタイ。】

リボ払いをご存知でしょうか。名前は知っている。金利が高いのも知っている。と言う人もいらっしゃるでしょう。

金利が高く利息が減らないと言いますが、どれほどの脅威か見てみました。

リボ払いとは

ショッピング時のカード払いの残高に関わらず毎月一定額を支払い続ける支払方法です。

例えば1月に10万円の買い物、4月に5万円の買い物をしても毎月1万円つづ(金額は例)支払いしていきます。

分割払いと違って複数の買い物分をまとめて支払額を一定に抑えることができるのがリボ払いです。

支払いシミュレーション

金利は会社によりますが年利15%(月利換算で1.25%)のところが多いですね。

分かりやすいように合計40万円の買い物をした場合の支払いシミュレーションを見てみます。

金利:年利15%

毎月の支払額:1万円

買い物①:2018年1月に10万円

買い物②:2018年11月に30万円

毎月の支払額の内訳

月々1万円の支払いだと完済までに50カ月を要しています

しかも残高が高いうちは月々の支払いに占める利息の割合が高いです。

支払いシミュレーションは下図のようになります。赤色部分は利息を払っている部分なので損している部分です。

緑部分が元本返済部分ですね。一番利息の割合が多い月は1万円の支払いのうち利息は3,800円にも達しています。

これではなかなか元金が減らないですね。

「月々の支払額が抑えられます」みたいな宣伝文句を聞きますが、その分利息を払い続ける期間が長くなります。

支払総額シミュレーション

元々は40万円の買い物ですが、最終的に支払総額は49万円にもなっています。

赤のラインが元金の40万円です。

完済に50カ月かかっているため利息の負担が大きいです。元金40万円に対して9万円も利息を負担しています。その率22.5%です!恐ろしいですね。

どうでしょう?利用したい制度だと思いますか?私は絶対に利用したくありません。

まとめ

  • リボ払いは支払い額に占める利息の割合が高い
  • 月々の支払いを抑える=利息負担期間が長くなる
  • なるべくリボ払いは使わないようにしましょう!

関連記事です。良い借金と悪い借金があります。

住宅ローンは繰上返済するより資産運用した方がお得ですよ!
借金にも色々ありますね。カードローン、消費者金融、奨学金、住宅ローン。この中で悪い借金とそうでない借金があるのですが区別がつきますか? 悪い借金はカードローンや消費者金融ですね。 低金利の借金は有効活用しよう! タケよん!も実は借金を背負っています。持ち家なので住宅ローンですね。 現...

コメント