退去費用で10万円以上取り返した実話!知っていれば得する情報!

スポンサーリンク

情報を知っている人は得をし、知らない人は損をする。

不公平ですがそれが事実です。知ると得する賃貸住宅から退去する際に原状回復費用を最小限に抑えて、損をしないための情報です。

業者は金をとれる人から取ります。銀行で手数料の高い投信を買わされる。それと同じですね。

さてさて、今回は投資とは直接関係の無いお話です。節約に関わるお話です。

賃貸住宅に住む際に敷金を払いますよね。払うと言うか預けるが正しいんですが。この敷金は退去する際に修繕が必要で費用が発生する場合に使われます。極端な話、賃貸住宅に住まずに契約翌日に退去したら敷金は全額返金されます。

貸主もボランティアではありません。ビシネスですからなるべく費用負担は減らしたい思いがあります。大手不動産会社、管理会社だからといって安心はできません。一言で言うと「奴らは取れる所から取ってきます」です。

スポンサーリンク

タケよん!の実体験!その①

実際にタケよん!も昔住んでいた賃貸住宅から退去する際に管理会社と戦ったことがあります。

まずは言いなりになって管理会社の人に原状回復費用を計算してもらいました。記憶があいまいですがクロスの張替えやクリーニング費用やら畳の張替え費用などで20万弱の請求書が出来上がりました。

で、ここから後述する作戦に従って貸主負担へ変更したり負担割合を軽減するなどして10万円以上減額することができました。

原状回復費用を節約するためには

当記事の本題です。国土交通省が出している「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」と言うものがあります。

このガイドラインには原状回復費用の負担を巡って様々なトラブルが発生したことから、国土交通省が一般的な原状回復費用負担の基準をガイドラインとして定めています。

基本的にはこのガイドラインに沿って原状回復にかかる費用を負担しましょう。原状回復を1円も払わなくて済むマニュアルではありません。正しい負担割合でお互い納得しあためのものです。

スポンサーリンク

ガイドラインの内容

一般的な基準で貸主負担とするべきものと、借主負担とするべきものが示されています。もし近いうちに賃貸住宅を退去する予定の方はこのガイドラインを熟読することをおすすめします。

特にその予定のない方も以下にまとめる例を頭の片隅に覚えておくことをおすすめします。

ガイドラインの主旨

原状回復とは借りたその瞬間の状態に戻すことでは無い。という事です。つまり経年劣化分は原状回復する必要がありません。新築マンションを賃貸で入居して10年後に退去する場合は築10年相当の部屋に原状回復すればよいのです。新築状態のピカピカな部屋に戻す必要はありません。

ガイドラインは法律ではありません。契約の自由もあるので原状回復や退去費用に関する記載が契約書にあればそれに従う必要があります。ただ、契約書に明確に記載されていない場合などはこのガイドラインに沿って折り合いをつけましょう。と言うものです。

借主負担となるもの

通常の使用の範囲を超えて、故意、過失により損傷させてしまった住宅の修繕費用は借主が負担すべきものとされています。具体的には以下のようなケースです。

  • 引っ越しの際に家具を引きずって作ってしまった傷の修繕費用
  • たばこによって変色したクロスの張替え費用
  • 飼い猫がつけてしまった柱のや壁の傷の修繕費用
スポンサーリンク

貸主負担となるもの

一般的な通常使用による損耗、経年劣化による損耗、次の入居者のための化粧直し、グレードアップの要素があるものは貸主が負担すべきものとされています。具体的には以下のケースです。

  • フローリングのワックスがけ
  • テレビ、冷蔵庫の背面の壁紙の黒ずみ(電気焼け)
  • 畳や壁紙の日焼け
  • 鍵の交換費用(入居者がカギを紛失した場合を除く)
  • ハウスクリーニング費用

タケよん!の実体験!その②

その①で書いた内容の詳細です。

部屋の結露により一部分だけですが壁紙がカビで黒くなってしまった部分がありました。業者は部屋全体のクロス張替え費用を見積もってきました。しかし最終的に負担したのは部屋全体ではなく、カビで汚れてしまった数㎡分だけです。しかも数㎡分の50%程度です。ガイドラインには壁紙(クロス)の耐用年数は6年とされているので3年住んだタケよん!が負担すべき割合は50%となるわけです。

つまり汚した部分だけ、かつ耐用年数分の居住した年数分だけ負担することになります。

そのほかハウスクリーニング費用もがっつり請求してきたので突き返しました。

最終的には退去立ち合いをしたおそらく二時委託であろう管理人では埒が明かなかったので、管理会社へ電話をし「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に沿って費用請求をするよう伝えました。

相手も慣れているのでしょう、こちらの言い分が通り、結果10万円以上の減額となって一件落着となりました。

誤解の無いように言っておきますが、ゴネて得をしたわけでは無く、ガイドラインに沿っていない部分を訂正してもらっただけになります。こちらの過失で傷つけてしまった部分もあったため、そこはキッチリと費用負担し、原状回復を行っています。

スポンサーリンク

最後に

残念ながら世の中には知っている人だけが得する仕組みが多々あります。このガイドラインだけなく、ふるさと納税や格安SIMなどですね。

当ブログでも紹介していきたいと思いますので皆さんも実践しましょう!そして投資資金を作りましょう。

当ブログでは他にも得する情報を紹介しています。同じ買い物でもクレジットカードでポイントを効率よく貯めています

関連記事です。節約できたお金は増やしましょう。100円からなら軽い気持ちで始められますね。

楽天投信投資顧問が2017年9月に発売した画期的な投資信託が投資ブロガー界隈で楽天VTと呼ばれる投信です。投信ブロガーが選ぶ! Fund o...

経済的自由に近づくには収入増、支出減、資産運用の3本柱が大事です。

我々のような一般人が資産を大きく築いて、経済的自由を手に入れるためにやるべきことはたった3つです。 「本業の収入を増やすこと」、「支出...
スポンサーリンク