LINE Payで20%還元を受けるには?制限に注意!ポイント付与は2月!

この記事は約4分で読めます。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

LINEPayが20%還元キャンペーンを発表しましたね!

賢く利用して得しよう!と言う事でLINEPayで20%還元を受けるための注意事項がたくさんあったので記事にします。

例えば使い方の制約や上限があったり、ポイントの受け取りは2月だったりと注意が必要です。

お得なキャンペーンの概要!実質2割引きで物が買える!

期間中LINEPayで支払いをすると支払額の20%を後日ポイントバックを受ける事ができます。

20%も返ってくるなんて非常にお得ですよね!クレジットカードだと1%そこそこの還元率ですから20%はまさに破格!

ただ、ずっとではなく、期間が定められています。

2018/12/14(金)0:00~2018/12/31(月)23:59の間限定のキャンペーンです。

PayPayのように突然はい今日まで!とはならないので安心ですね。

20%還元の対象・条件

なんでも20%還元を受けられるわけではないので注意が必要です。

支払い方法、対象サービスが限定されています。

LINEPayのコード支払いかオンラインでの支払いに限定

20%還元はコード支払いかオンラインでの支払いのみです!

コード支払いは端末にQRコードやバーコードを表示させて、お店の人に読み取ってもらう方法ですね。

LINEPayはLINEPayカード払いとか送金とかLINEPayに登録したクレジットカードで払う事も出来ます。

が、登録したクレジットカード払いは20%還元の対象外なので注意が必要です。

お酒やたばこ、書籍、お薬はサービス対象外!

対象外店舗やサービスが定められています。

注意事項は大きく2つあります。

  1. 薬局、ドラッグストア系はそもそも20%還元の対象外店舗なので注意!
  2. また、お酒やたばこ、書籍もキャンペーン対象外となる場合があるので注意!

詳細は下記の引用となりますが、キャンペーンサイトに記載されている内容です。

対象外店舗について
ウエルシア、ウエルシア薬局、ダックス、マルエドラッグ、ハッピー・ドラッグ、ハッピー調剤薬局、ドラッグ・オー、 B.B.ON、サンドラッグ、ツルハドラッグ、くすりの福太郎、ドラッグストアウェルネス、ウォンツ、くすりのレディ、ココカラファイン、DrugTops、サンドラッグファーマシーズ、大賀薬局グループ、新生堂薬局、ゲンキー、トモズ、LINEほけん
その他、お酒・タバコ・書籍などの一部商品、処方箋が必要となる一部店舗、役所・役場、神社仏閣、介護施設などはキャンペーン対象外となる事がありますので、予めご了承ください。

特設サイトの注意事項欄より引用

20%還元の上限は還元額5,000ptまでに注意!

LINEPayのコード払いをすると20%還元されるのですが上限は5,000ptまでと定められています。

5,000pt還元を受けるにはLINEPayで25,000円分購入した場合に相当します。

それ以上はいくらLINEPayで払っても還元されないので要注意です。

これは転売ヤー対策の仕様だと思われます。アップル製品など値引き販売がされない製品を買ってポイントは受け取るけど現物はメルカリやヤフオクで売って小銭を稼ぐ輩が居るからですね。

確かにiPhoneを販売価格から1割引きの価格で転売して送料手数料を支払っても20%還元されたら得できますからね。

LINEPayではそもそも25,000円分の買い物分までしかポイント還元されないので賢く利用しましょう!

20%はいつ還元される?2019年2月です!

20%還元まで少し時間がかかります。キャンペーンサイトによると2019年月2中のポイント付与が予定されています。

くれぐれもそれまでLINEPayアカウントを解約したりしないように!付与対象外になってしまいます。

あと機種変する場合も正しくアカウントの移行をしないと無駄になるので注意しましょう。

ポイント還元額は確認できない!

これはLINEPay払いした時の決済画面です。が、20%ポイントバック分は表示されていません。58ポイントくらい返ってくるはずなのですが…

どうやら20%ポイント還元額を確認する方法は無いようです。

ブログ後記

お得な制度はどんどん利用したいですね。

使ってみて思ったのは「キャッシュレス便利やん!」でした。

ほなまた。


関連記事です。25,000円分以上は高還元率のクレジットカード払いにしましょう!

タケよん!御用達の高還元クレジットカード!はコレです!
今日は自称:節約投資家のタケよん!が実際に使用しているクレジットカードの紹介です。 タケよん!が思うのは必要な場面で必要な支出をするのであれば、クレジットカードと言うツールを最大限有効活用して、恩恵を受けるべきです。 どうせ出ていくお金、それならば少しでもお得になる方法を選ぶのが節約家と...

コメント