配当・分配収入まとめ(2020.04末)コロナショックで減配発表の影響は?

この記事は約4分で読めます。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

毎月恒例の配当金受け取り報告です。コロナショックで手元キャッシュを確保するために減配する企業も出てきています。VTIなどのETFがポートフォリオの大半を占めているので今後配当額にも少なからず影響が出そうです。

インカムは一応右肩上がりですが追加入金あってこそのグラフになってしまっているのは少し注意したいです。

さて今年の配当金受け取り目標は米国株から1,100ドル、日本株から4.5万円の配当金受け取りを目標にしていますが実現できるのでしょうか。

2020年4月の配当収入(日本株)

4月も日本株からの配当を受け取りました。と言っても1万円以下です。前年同月比若干ですがプラスなのは嬉しかったです。

今月の配当金受け取り(日本株)
銘柄金額(税引後)
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)\2,892
イオンリート投資(3292)\2,452
積水ハウス(1928)\3,262
合計¥8,612

※信用口座で保有している株式やREIT、優待クロス時の配当は除いています。
今後現引きして長期保有を決め込んだら計算に加えます。

配当金受け取り履歴(日本株)

日本株は優待狙いの銘柄も多いので配当は少なめです。

前年同月比で大きな変化はありません。コロナショック時に新規購入した日本株があるので今後に期待します。

配当金受け取り総額(日本株)

残念ながら減配傾向です。4.5万円の年販目標に届くか微妙なラインです。新型コロナウイルスの影響で減配も予想されますし。

2020年4月の配当収入(米国株)

150ドルにはわずかに届きませんでしたが145ドルの配当を貰いました。直近3カ月の平均でも100ドル超の配当を受け取っています。毎月1万円収入が増えたと思えば大きいですよね。1年前の3倍です。

今月の配当金受け取り(米国株)
銘柄金額(税引後)
VTI$51.73
ZMLP$46.48
BND$12.56
HDV$9.19
YYY$7.93
IVV$5.51
PFF$3.74
CAH$3.13
CSCO$2.61
LEG$2.31
合計$145.19

超高配当のZMLPですが近く手放すかもしれません。1:8の株式併合を受けて特定口座から一般口座に移管されてしまいました。

このまま配当までもらうと確定申告が複雑になってしまうためです。そこでZMLPをいったん換金した後の問題はあえてZMLPを購入するのか?といった点です。もうしばらく考えます。

ZMLPとか言う米国籍ETFが14%超の分配利回りだけど何者か調査してみた!
ZMLPと言う10%超の高配当な米国ETFがあります。投資対象がMLPであるETFなのですが、そもそもMLPとは何かからの解説記事です。ZMLPにはもちろんリスクもありますが10%を超える分配金があると言う点で旨みもあります。

関連記事です。高配当ETFならどれを持ちたいですか?徹底比較してみました。

分配金重視の米国株ETFを比較しました!【VYM/HDV/VIG/SPYD/DVY/SDY】
まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 不労所得を作りたい。自分年金を作りたい。配当金で生活した。分配金、配当金重視の投資家が一度は検討したことがあるであろう高分配系ETFを比較してみました。 今回取り上げるETFは以下の6つです。米国を代表する運用会社であるブラックロック、バン...

配当金受け取り履歴(米国株)

昨年との配当受け取り履歴の比較です。各月順調に前月比プラスを続けています。これもコロナショックで株価が残念なことになろうとも買い増しを続けてきた成果です。

ETF中心に買い増しを続けて大幅減配を避けつつ、高配当株への分散投資で配当額の最大化に努めたいと思います。

配当金受け取り総額(米国株式)

米国株式の分配金の年間の総額です。2019年は600ドル超の配当を貰いました。2020年の目標は1,100ドルです。

今年は僅かに500ドルに届いていませんが目標への進捗率45%です。3か月平均で100ドルの配当を受領しているので目標達成はできそうです。

関連記事です。毎月分配の優先株式ETFのPFFの紹介です。

PFF(米国優先株式ETF)は6%超の高配当銘柄です!
タケよん!が吟味に吟味を重ねた上で初めて購入した米国株ETFがこのPFFです。まだ30株しか持っていませんが、一応PFFホルダーです。 日本人に人気のVTI(Vanguard Total Stock Market ETF)や運用総額トップのSPY(SPDR S&P 500 ET...

振り返り

今まではVTI、BND、SPYDを多く買ってきました。今年も軸は同じですがVTIが購入手数料無料なのでVTIはその恩恵にあやかりたいです。ただNISAでも買付手数料分キャッシュバックされるので何をどの口座で買うか悩みます。


最近購入した債券ETFであるBNDの紹介です。

【BND】利上げ局面に仕込んで毎月配当の米国債券ETFで年金作り
リスクを抑えて債券市場で3%のリターンを目指すのも有効な選択肢なのが総合債券ETFです。 そこそこのリターンを得ながら低ボラティリティなバンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)を紹介します。 実際に2018年12月上旬にアメリカ株式は16%程下落していましたがBNDは+0.9%の微増とポートフォリオ全体のボラティリティを緩和してくれる緩衝材のような役割を果たしてくれました。

米国株ETFなら王道のVTI

米国株デビューで迷ったら、15万円分くらいのVTIを買うのが正解
米国株デビューをしたいけど、何から買えばいいか分からなければ、とりあえず15万円程度のVTIを買うのが正解です。理由は後述します。 他の著名米国株ブロガーのブログを読んで勉強したが、高配当な個別銘柄とかバフェット銘柄とかS&P500連動ETFとか良さそうな投資対象が多岐に渡り、何から始...

コメント