ヤマダ電機(9831)優待が到着!長期保有で優待利回り10%超!

ヤマダ電機(9831)から優待をもらいました。ヤマダ電気と言えば超高利回りの株主優待で有名ですね。

2年以上保有すれば10%以上の優待利回りになります。それでいて配当も2%くらいありますからね。合わせると12%です。

タケよん!はまだ新米ホルダーなので今回は2枚だけです。ヤマダ電機では日用品も扱っているので頻繁に家電製品を買わない人でも使えますね。

ヤマダ電機(9831)企業分析

業績は芳しくないですね。横ばいです。ただ高利回りですので株価が横ばいでも推移してくれれば御の字です。優待が続く限りは保有を続けたいと思います。

関連記事です。優待と言えばお食事券が貰えるすかいらーくもファミリー層に人気ですね。

ヤマダ電機(9831)の売上高

売上高は残念な数字です。右肩下がりですね。ここ2年はほぼ横ばいです。2019.3と2020.3の会社予想では上昇に転じる予定ですが、あまり楽観はできません。

ヤマダ電機(9831)の利益

利益は増減を繰り返しながらの横ばいですね。気になるのは低い利益率ですね。2~4%程度しかありません。2020.3予想でも2.9%程度の利益率です。

ヤマダ電機(9831)のPER

小売業のPERは高くなる傾向にあり、東証1部の単純平均では27.7もあります。東証一部の総合でも18.0倍よりも低いのはヤマダ電機(9831)の失望感の表れでしょうか。

優待で人気の銘柄は割高になりがちなのですがヤマダ電機(9831)は業績の先行き不透明感から株価が伸び悩んでいる状態です。

ヤマダ電機(9831)のPBR

PBRも1倍以下と純粋に見て割安感があります。業種平均の3分の1程度にまで落ち込んでいますね。

ヤマダ電機(9831)の配当、配当性向

優待だけでなく配当面でも優秀です。株価が下落しているので配当利回りも上がってきており、2%を上回ってきています。長期保有の優待利回りと合わせると利回りが12%もあります。

配当性向も30%程度で推移しています。増配銘柄ではないので利益が出ればしっかり分配してくれる印象ですね。

関連記事です。高配当と言えばメガバンクのみずほ銀行も4%弱の高配当銘柄です。

タケよん!の保有方針

方針は配当・優待の形式に関わらずインカムゲインを増やすために長期保有の方針です。

関連記事です。高配当な積水ハウス(1928)も保有しています。

約4%の高配当、好業績の積水ハウス(1928)を買いました
昨年の11月末にTOKAIホールディングス(3167)を買って以降、3か月ぶりの日本株購入となりました。高配当銘柄で以前より気になっていた銘柄です。 建設業は初めての保有です。個別銘柄保有の際は業種の分散も意識しています。 積水ハウス(1928)企業分析 積水ハウス(1928)の売上高 ...

コメント