10万円で投資できる総合商社3位の丸紅(8002)を調べてみた!

資金力の問題で保有していないけど狙っている銘柄の分析です。丸紅と言えば総合商社売上高第3位の企業です。

日経平均にも採用される日本を代表する企業と言えるでしょう。

タケよん!がなぜ注目しているかと言うと安定度抜群かつ高配当銘柄な上に10万円以下で投資できる低位株だからです。

丸紅(8002)企業分析

丸紅(8002)の売上高

事業のセグメントとしては売上の多い順に生活産業、素材、エネルギー・金属、電力・プラント、輸送機です。

売上高は過去5年ほど安定しています。巨大企業、総合商社と言う性質上急成長するような企業ではありません。高配当企業で安定していると言うのは心強いですね。

丸紅(8002)の利益

利益は好不調の差が割と大きいですね。本業の儲けを示す営業利益は2015年3月期をピークに落ち込んだ後に少し回復しています。

それでも2018年3月期は前年度比28.9%増の1,180億円の営業利益となっています。

丸紅(8002)のPER

PERは東証一部の業種(卸売業)の平均の半分くらいです。割安とも言えますし、成長は期待されていないとも言えます。

丸紅(8002)のPBR

PBRも東証一部の業種平均と比べて割安の部類です。

丸紅(8002)の配当、配当性向

丸紅のIR情報によると連結配当性向25%以上が基本方針です。業績連動であるため、利益が低下した際は配当利回りが下がることも念頭に置いておく必要があります。

ここ5年の1株当たりの配当は20~30円程度で安定しています。ただ、1株益は上下しているので配当性向は20~60%弱と幅広いです。

配当利回りは3.37%と高配当です。配当性向25%程で3.37%は優秀ですね。

タケよん!の取引方針

今は資金面、ポートフォリオ面の問題でしばらく購入予定はありませんが、様子見を続けて更に割安になることがあれば購入していきたいと思います。

関連記事です。メガバンクについても比較しています。赤がいいですね…

メガバンクを7つの観点で比較してみたら良い投資先を見つけました!
日本には3大メガバンクとして三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の3つの銀行があります。いずれも株式を公開しており、それぞれ三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)、三井住友フィナンシャルグループ(8316)、みずほフィナンシャルグループ(...

コメント