IPO情報【コーア商事ホールディングス[9273]】期待度〇

6月にも新規上場ラッシュがありますね。5/23にまた上場承認が2社追加になって、6月だけで9社の新規上場が承認されています。今日はその中の1社であるコーア商事ホールディングス(9273)の紹介です。前評判は良く、初値が期待できそうです。

仮条件が2,590~2,670円に決まりました!(6/1追記)

気になるのは6/21の同日上場が3社もある点ですね。

IPO情報

銘柄
コーア商事ホールディングス
コード9273
事業内容ジェネリック医薬品原薬の仕入販売、
製剤(医療用医薬品・一般用医薬品)
の製造販売及び仕入販売、製剤に係る
製造受託
上場予定日2018/6/21
仮条件2,590~2,670
ブックビル期間2018/6/5~6/11
期待度
取り扱い
証券会社
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
SBI証券
いちよし証券

初値は上昇or公募割れ?

初値が上がりやすいと言われている医療関連である点は期待できますが、同日上場3社が気になりますね。買い圧力も分散される可能性があります。

初値上昇の期待条件の該当/非該当

該当は1つだけです。今回は初値上昇が期待できる条件には当選本数のみが該当しています。当選本数は4,250本です。当たりにくいですが当たれば上昇の期待はあります。

  • 単独上場(*1) :非該当
  • 旬のテーマ: 非該当
  • 公開株が少ない(*2):該当
  • 新興市場への上場:非該当
  • 小型IPO(*3):非該当

(*1)同日に他に上場する銘柄が無い場合を対象とします。
(*2)当選本数が5,000本未満を対象とします。
(*3)公開規模が10億円未満の小型IPOを対象とします。

公募割れリスク条件の該当/非該当

リスク条件には上場市場が東証2部である点に該当しています。今回は吸収規模が小さいのでそこまで気にする必要はないかと思います。他の同日上昇2社は新興市場への上場ですね。

  • 投資ファンドの出口案件(*4):非該当
  • 東証1部/2部上場銘柄:該当
  • 大型IPO(*5):非該当

(*4)投資ファンドの持ち株の大半を売り出す案件(投資ファンドの利益確定案件)の事を出口案件と言います。
(*5)公開規模が100億円を超える大型IPOを対象とします。

会社情報

原薬の仕入販売、製剤(医療用医薬品・一般用医薬品)の製造販売及び仕入販売、製剤に係る製造受託を主な事業としています。

原薬販売事業は子会社であるコーア商事株式会社が行い、医薬品製造販売事業は子会社3社(コーアイセイ株式会社、コーアバイオテックベイ株式会社、コーア製薬株式会社)が行っています。

今後、高配当銘柄になる可能性を秘めています。

理由は創業社長が発行株の7割超を保有する筆頭株主であること、配当政策として株主に対する利益還元を経営の重要課題の一つと掲げている点です。

もしもIPOに当たったら!?

欲に負けないようにIPOに当たった時のルールを書いておきます。

  1. 公募価格が仮条件の上限以外の時は買わない
  2. 将来性のある会社でも初値で売却

タケよん!の2018年IPO状況

当選:1件/申し込み28件

当たりますように!

※記事タイトルの期待度表記については以下の基準としています。なお、タケよん!が抽選申し込みをするのは△以上の案件です。

    • ◎:初値が公募価格を大きく上回る可能性が極めて高い。
    • 〇:初値が公募価格を上回る可能性が高い。
    • △:初値が公募価格同等もしくは若干の上昇が見込まれる
    • ×:初値が公募価格を下回ることが予想される。

コメント