IPO情報【IPS[4390]】期待度〇

スポンサーリンク

フィリピンでのケーブルテレビ事業者向けの国際通信サービスを提供する情報通信業を営むIPS(4390)の紹介です。日本の企業のグローバル化も進んでいますが、新興国でのサービス展開を進める企業が増えてきている印象です。

6月27に4社同時に上場する中の1社ですね。

スポンサーリンク

IPO情報

銘柄
IPS
コード 4390
事業内容 フィリピンでのケーブルテレビ事業者
向けの国際通信サービスの卸提供及び
法人向けインターネット接続サービス
(ISP)の提供、日本国内での主としてコ
ールセンターを対象とした音声通信事
業、在留外国人を対象とした人材紹介
・人材派遣及び求人広告等の提供及び
フィリピンでの眼科を中心としたクリ
ニックの運営
上場予定日 2018/6/27
仮条件 3,730円~3,900円
ブックビル期間 2018/6/11~6/15
期待度
取り扱い
証券会社
みずほ証券
SBI証券
SMBC日興証券
マネックス証券
岡三証券
むさし証券

関連記事です。同日に上場するインバウンドテックの記事はこちらです。

まさに名は体を表していますがインバンド関連銘柄として期待できそうなIPOの紹介です。会社名がその名もインバウンドテック(7031)です。6/...

初値は上昇or公募割れ?

公募割れの不安はないと思っています。ただ、同日上場が4社もいる点が懸念ですね。

初値上昇の期待条件の該当/非該当

上昇期待条件に2も該当します。今回は当選本数が3,680と当たり本数が少ないです。その分値上がりが期待できますね。

  • 単独上場(*1) :非該当
  • 旬のテーマ: 非該当
  • 公開株が少ない(*2):該当
  • 新興市場への上場:該当
  • 小型IPO(*3):非該当

(*1)同日に他に上場する銘柄が無い場合を対象とします。
(*2)当選本数が5,000本未満を対象とします。
(*3)公開規模が10億円未満の小型IPOを対象とします。

スポンサーリンク

公募割れリスク条件の該当/非該当

リスク条件には全て非該当です。ひとまず安心と言ったところですね。

  • 投資ファンドの出口案件(*4):非該当
  • 東証1部/2部上場銘柄:非該当
  • 大型IPO(*5):非該当

(*4)投資ファンドの持ち株の大半を売り出す案件(投資ファンドの利益確定案件)の事を出口案件と言います。
(*5)公開規模が100億円を超える大型IPOを対象とします。

会社情報

経営状況としては売上、利益ともに年々増加しており、平成26年度から黒字を続けており、順調に成長中といった印象です。

会社の歴史はそこそこ長く、平成3年設立の企業です。

IPSおよび連結子会社4社により構成されており「海外通信事業」、「国内通信事業」、「在留フィリピン人関連事業」、「医療・美容事業」の4セグメントで事業を行っています。

各セグメントでの事業内容は以下のとおりです。

海外通信事業(売上構成比率:約27.6%)

フィリピンと北米・香港等とを結ぶ国際通信回線を、CATV事業者などのインターネット接続事業者に提供しています。

売上の4分の1以上をこのセグメントで稼いでいます。更に前年同期比で151%と伸びのあるセグメントです。

国内通信事業(売上構成比率:約54.3%)

主に電話サービスを提供しています。またコールセンターシステムをコールセンター事業者に提供しています。

平成28年度では全セグメントの売上のうち54.3%をこの国内通信事業で稼いでいます。また前年同期比で113%と更に成長を続けています。

在留フィリピン人関連事業(売上構成比率:約9%)

在留フィリピン人を中心とした在留外国人の派遣、及び人材紹介事業のほか、求人広告の掲載、インターネットによる放送コンテンツの配信等を行っています。また、在留外国人に対して携帯電話や海外送金サービスの顧客開拓・利用促進などを行っています。

売上構成比率は9%と少なく、かつ唯一前年同期比がマイナスのセグメントです。

医療・美容事業(売上構成比率:約9%)

レーシック手術による近視矯正などの眼科、美容皮膚科・美容外科などの科目で診療を行っております。合わせて化粧品の販売も行っいます。

スポンサーリンク

もしもIPOに当たったら!?

欲に負けないようにIPOに当たった時のルールを書いておきます。

  1. 公募価格が仮条件の上限以外の時は買わない
  2. 将来性のある会社でも初値で売却

タケよん!の2018年IPO状況

当選:1件/申し込み35件

当たりますように!

※記事タイトルの期待度表記については以下の基準としています。なお、タケよん!が抽選申し込みをするのは△以上の案件です。

    • ◎:初値が公募価格を大きく上回る可能性が極めて高い。
    • 〇:初値が公募価格を上回る可能性が高い。
    • △:初値が公募価格同等もしくは若干の上昇が見込まれる
    • ×:初値が公募価格を下回ることが予想される。

関連記事です。前日に上場する。国際紙パルプ商事です。

紙パルプ卸売業を行う国際紙パルプ商事(9274)の紹介です。先日紹介したライトアップ(6580)とエコモット(3987)の上場の2営業日後に...
スポンサーリンク