IPO情報【HEROZ[4382]】期待度◎

スポンサーリンク

今回はマザーズに上場するHEROZの紹介です。期待ができるマザーズ市場への上場が続きます。先日はキュービーネットホールディングスで人生IPO初当選を果たしましたが、儲けはまだ出ていません。

また今回より少し記載内容を変えました。「読者の方への情報提供」をモットーにしていますので、初値上昇が期待できるのか、それとも公募割れリスクがあるのか、判断しやすいように「初値上昇の期待条件の該当/非該当」と「公募割れリスク条件の該当/非該当」を分けて書くようにしました。

皆さんが知りたいのはIPOに申し込む価値があるかどうかですよね。

スポンサーリンク

IPO情報

銘柄
HEROZ
コード 4382
事業内容
人工知能(AI)を活用したインターネットサービスの企画・開発・運営
上場予定日 2018/4/20
仮条件 3,940円 ~ 4,500円
ブックビル期間 2018/4/5~4/11
期待度
取り扱い証券会社
SMBC日興証券
マネックス証券
みずほ証券
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
エース証券
岡三証券
極東証券

初値は上昇or公募割れ?

今回はかなり期待値が高いです。期待が持てる条件5つ全てに該当、公募割れリスク条件3つには全て非該当です!ただし競争率もかなり高いので当たれば非常にラッキーでしょう。

初値上昇の期待条件の該当/非該当

  • 単独上場(*1)該当
  • 旬のテーマ: 該当(AI)
  • 公開株が少ない(*2)該当
  • 新興市場への上場:該当(マザーズ)
  • 小型IPO(*3)該当

(*1)同日に他に上場する銘柄が無い場合を対象とします。
(*2)当選本数が5,000本未満を対象とします。
(*3)公開規模が10億円未満の小型IPOを対象とします。

スポンサーリンク

公募割れリスク条件の該当/非該当

  • 投資ファンドの出口案件(*4):非該当
  • 東証1部/2部上場銘柄:非該当
  • 大型IPO(*5):非該当

(*4)投資ファンドの持ち株を売り出す案件(投資ファンドの利益確定案件)の事を出口案件と言います。
(*5)公開規模が100億円を超える大型IPOを対象とします。

会社情報

「驚きを心に」をコンセプトとして、人々の生活が便利に楽しくなるように、人工知能(以下「AI」)を活用したサービスを、個人向けには頭脳ゲーム等のアプリケーションとしてスマートフォンやタブレット端末上で展開し、企業向けには様々な領域における機械学習等のAIサービスとして提供する会社です。

事業内容はAI(BtoC、BtoB)サービスで、相手先別販売実績の上位にはアップルやグーグル、(株)ポケモン、(株)ディー・エヌ・エーなどのよく知る企業名が並びます。

スポンサーリンク

もしもIPOに当たったら!?

欲に負けないようにIPOに当たった時のルールを書いておきます。

  1. 公募価格が仮条件の上限以外の時は買わない
  2. 将来性のある会社でも初値で売却

タケよん!の2018年IPO状況

当選:1件/申し込み21件

当たりますように!

※記事タイトルの期待度表記については以下の基準としています。なお、タケよん!が抽選申し込みをするのは△以上の案件です。

  • ◎:初値が公募価格を大きく上回る可能性が極めて高い。
  • 〇:初値が公募価格を上回る可能性が高い。
  • △:初値が公募価格同等もしくは若干の上昇が見込まれる。
  • ×:初値が公募価格を下回ることが予想される。
スポンサーリンク