【2020年】積立投資に最適!低コスト投資信託一覧【国内株式版】

この記事は約3分で読めます。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

積立投資に向いている投資信託について整理してみました。今回は定番の国内株式編です。投資額が増えてきて本格的にポートフォリオバランスを組む場合、多少は国内株式クラスも持ちたいですね。

低コスト投資信託ランキング【国内株式編】

昨今の低コスト合戦で投資信託の信託報酬も随分と下がりました。2017年に0.2%程度だった信託報酬も今や0.15%程度まで下がっています。

積立投資を今から始める、今の積立投資対象を見直す場合、このランキング上位から選べんでおけば問題ないですね。今は信託報酬0.154%の投資信託が6本も並んでいます。

順位名称信託報酬目標指数
1iFree TOPIXインデックス0.1540%TOPIX
1iFree 日経225インデックス0.1540%日経225
1<購入・換金手数料なし>
ニッセイTOPIXインデックスファンド
0.1540%TOPIX
1<購入・換金手数料なし>
ニッセイ日経平均インデックスファンド
0.1540%日経平均トータル
リターン・インデックス
1eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)0.1540%TOPIX
1eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)0.1540%日経平均トータル
リターン・インデックス
7Smart-i TOPIXインデックス0.1705%TOPIX(配当込み)
8三井住友・DCつみたてNISA・
日本株インデックスファンド
0.1760%TOPIX(配当込み)
9たわらノーロード TOPIX0.1870%TOPIX(配当込み)
9たわらノーロード 日経2250.1870%日経225
9野村つみたて日本株投信0.1870%日経225
9i-SMT TOPIXインデックス0.1870%TOPIX
9i-SMT 日経225インデックス0.1870%日経225
9Smart-i 日経225インデックス0.1870%日経225
15つみたて日本株式(TOPIX)0.1980%TOPIX
15つみたて日本株式(日経平均)0.1980%日経225

ブログ後記

少し見ない間に随分と低コストになりました。証券会社の株式購入手数料の一部無料化を含む引き下げを続々と発表しています。これから投資を始めるなら楽天証券かSBI証券を選んでおけば間違いないですね。上記投資信託は無料で買えますし、積立投資も簡単です。

コメント