【投資】リスクマネジメントのために欲をコントロールせよ

この記事は約3分で読めます。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

投資はギャンブルではありません。投資でギャンブルをすることも出来るけど、うまくリスクマネジメントをすれば世間がイメージしている程の危険度はありません。

人間は欲深い

人間は欲深い生き物なので少しうまく行くと、次もうまく行くのではないか、もっと利益が出そう、もっと儲かる!二度あることは三度あるから次は投資額を増やそう!

そう思ったことはありませんか。

私はあります。この前の株主優待でステーキを美味しく頂いた時に半年に一回ではなく、四半期に1回は食べたいとか思っちゃうわけですよね。

すかいらーくは保有株数が増えれば増えるほど利回りが改善することもあって株を買い増ししようかと企んでしまうのです。

でも日本株ポートフォリオが100万円程度な低資金個人投資家としては特定の銘柄にリスクが集中する好ましくないポートフォリオになってしまうので思いとどまりました。

欲をコントロールして冷静な判断を!

欲を持つこと自体は当然です。何らおかしなことはありません。

誰だって金持ちになりたいし、偉くなりたいし、よく見られたいです。

投資額を増やす時は必ず予想とは逆の事が起こった時の事を考えておきましょう。

株を買うが迷っている時に「読みが外れて業績が伸びなかったり、突然不祥事が発表されて買ったとたんに暴落したら」を想定してみましょう。

例え値上がり基調でまだまだ値上がりしそうな雰囲気プンプンでも、投資するとポートフォリオの割合が極端に特定の株式に集中してしまう場合は投資しない!と固い意志を持ちましょう。

タケよん!は昔、硬い意思がなく失敗したこともありました。

長期投資は実は冷静な判断がしやすい!

長期投資家は冷静な判断を下すのに有利です。

何故なら判断を下すまでに時間を多く使うことができるからです。

タケよん!が実践している考え方があります。欲しいと思った銘柄があっても実際に購入するまで1週間はかけます。

その間、本当に欲しいか。購入しても資産全体のポートフォリオバランスは均衡を保つことができるか。

想定外の値下がりをした際の資産全体への影響は許容の範囲内か。などです。

実はそこまで保有すべき理由が無かったときは1週間も経てば忘れています(笑)

逆に本当に魅力的で保有してもリスクが偏らないと判断できるような銘柄は1週間たっても覚えていますし。

1週間も経てば冷静な判断を下すのに十分な時間があると思います。

買い物でも同じような事を言いますよね。本当に欲しいなら次に買いに来た時にまだ欲しい気持ちが変わっていなかったら買いなさいと。

欲を持つことは仕方ないと思います。欲を持った後にどう行動するかで投資の世界で退場せずに生き残り続けられるかどうかが決まります。

ほな、また。


関連記事です。ポートフォリオのリスク調整はノーセルで実現すると良いことある!?

ポートフォリオのノーセルリバランスの絶大なメリットとは!?
ノーセルリバランスとはポートフォリオのリバランスを資産の追加購入のみで行う方法です。そのやり方とメリットデメリットをまとめました。ノーセルリバランスなら決めたルールに従ってバランスを見直すことで安値拾いができます。

コメント