NISAで債券クラスへの投資は勿体ないから止めた方がいい理由

NISA活用していますか?私も通常NISAを利用しています。

NISAとは投資で儲けが出ても税金が引かれずに丸儲けができるあの制度です。

では皆さんはNISAでどんな商品に投資していますか?まさか債券クラスに投資していませんよね?

NISA制度での債券クラスへの投資をお勧めしない理由

理由は至って簡単です。NISAの恩恵を最大限有効活用できないからです。

NISAの最大のメリットは運用益が非課税である事

NISA枠で購入した投資信託は値上がりして初めてNISA制度の恩恵を受けることができます。

値上がりして運用益ががっぽり乗っかった投信を売却した場合、通常は2割の税金が差っ引かれます。

NISA制度を活用すると税金が引かれずに丸儲け出来るのがNISAのメリットですよね。

じゃあ債券クラスの特徴は?

ローリスクローリターンなことです。債券クラスの特徴は安定した価格変動が安定している代わりに大きなリターンは期待できません。日本国債はその特徴が顕著です。

リーマンショック時に米国株式がドル建てて56%も下げる中、国債はほとんど下げていません。

下のチャートは野村AMの日本国債インデックスファンドの長期チャートです。どこにリーマンショックがあったのか分からないくらい平穏なチャートです。

リーマンショック後の安値から米国株式はなんと415%回復、成長しています。しかし日本国債は上記の通りせいぜい20%の上昇です。

NISAで債券クラスに投資をしたら?

120万円分、日本国債の投資信託を購入したとしましょう。

20年間、年利0.1%複利で運用できたとしても運用益はたったの約6千円です。

その20%の1,200円が税金として引かれずに済むのがNISAのメリットです。メリット少なくないですか?

NISAで世界株式に投資をしたら?

では120万円分、世界株式に投資をしたとしましょう。

5年間、年利5%複利で運用できたとしたら運用益は約33万円です。その20%の6.6万円が税金として引かれずに済むのがNISAのメリットです。

債券クラスと比較してどうですか?NISAのメリットを活用するならリスクを取って、値上がりが期待できる投資対象への投資がオススメです。

下記は米国株式のメジャー株価指数の推移です。40年間で価値が27倍になっています。

NISA枠で債券クラスを買ってもいい人

一部の方はNISA枠での債券クラス投資もアリです。以下の条件に該当するような方ですね。

例えば夫婦(NISA×2)+子供2人(ジュニアNISA×2)を活用で家族全体で年間400万円分のリスク商品の購入しているような人。

その場合、リスク資産の額が多くなるのでリスク低減のために一部は国債などのローリスク資産を組み入れて資産全体の価格変動をマイルドに抑える作戦も有効となります。

つみたてNISAの場合は債券クラスの購入ができない

ちなみにつみたてNISAの場合は金融庁のお墨付きの投信しか購入することができません。

そのお墨付き投信には国内債券や海外債券などの債券クラスへ投資できる商品が含まれていません。

おそらく理由はつみたてNISA枠(40万円)では運用益非課税のメリットを受けるには株式でそこそこ運用益が膨らまないと旨みがないからでしょう。

金融庁からしてもNISA枠で債券クラスはお勧めしませんと言う気持ちの表れでしょうか。

まとめ

  • NISAで債券クラス資産を持っても非課税の恩恵が少ないのでもったいない
  • 家族全員NISA活用など、大きくリスクを取っている場合に有効な場合も
  • つみたてNISAではそもそも債券タイプの商品が購入できない

関連記事です。節税制度にはiDeCoもあります。併用すると更に協力ですよね。

投資の節税制度~iDeCoとつみたてNISAについて~
先日こんな記事も書いています。 若いうちから投資を始めるべき3つの理由 今日は投資を始めたばかりの方、これから始めてみようと思う方への記事で、内容は投資に関連する節税のためのおススメ制度「iDeCo」と「つみたてNISA」のお話です。 日本政府も投資人口を増やそうとあの手この手の作戦を打ち...

 

コメント