【学資保険不要論】子供が産まれたら学資保険!はもう古い!【後編】

前回は今や学資保険は不要で積み立てをした方が良いのでは?という記事を書きました。

学資以外にも車、住宅、老後と様々なシーンでまとまった資金が必要になります。今回はさらに長期間でのシミュレーションを見てみます。

用途を限定した資金準備はやめた

もし今、子供が生まれたらタケよん!はもう学資保険には入りません。子供が生まれた家庭と言えば若い夫婦の方が多いでしょう。

なぜ学資資金だけ保険で貯めるのか?用途ごとに資金を準備するための保険に入りだすとキリがありません。

車、住宅、学資、子供の結婚資金、リフォーム、老後、お金の必要なシーンは多いです。

なのでタケよん!は用途を限定した資金準備をすることは辞めました

冒頭に書いた学資保険のみです。こればかりは今解約すると損になるので…放置します。

10年後に200万必要なら10年後に200万円分リバランスすればいい

毎月せっせと資産を積立てて、まとまった資金が必要になるたびに現金から支出を行って、崩れたアロケーションバランスを再構築する。

この決められたルールに乗っ取って運用を行っていきます。

積み立ての前提はこうです。先ほどの学資資金シミュレーションとよく似ています。

現在のペースと同じ毎月10万円を30年間積み立てて行く計算です。

国内株式海外株式債券現金
積立額各資産¥300,000/年
積立年数30年
年間リターン4%7%2%0%
ポートフォリオの割合各25%
リバランスする

この条件で30年間積み立てを行うと次のようになります。

3,600万円の元金に対し、6,139万円の資産が出来上がります。退職時にこれだけあれば老後は安泰ですね。

途中に暴落を経験する場合のシミュレーション

常に右肩上がりの資産シミュレーションは楽観視が過ぎます。先ほど同様に10年目にリーマンショック級の暴落が来た場合を想定したシミュレーションもしてみました。

それでも積み上げ元本を大きく上回るリターンを得ることができます。評価損となる期間が数年続くため、精神面でのタフさも必要になります。

次は同様に20年目にリーマンショック級の暴落が来た場合を想定したシミュレーションです。

20年目に暴落を食らうとせっかく積み上げた株式クラスの資産が6割カットされるため、ドローダウンの額が大きくなります。

最悪も想定しておく

100年に一度と言われたリーマンショックです。そんなものが10年目、20年目と2回も来たらさすがに資産はマイナスになるのでは?と思い、これも計算してみました。

結果は30年目にはしっかりと資産額がプラスになっています。

ただ、評価損期間が多い点が難点です。10年目以降は評価損がマイナスの期間の方が多いため、信念を曲げずに強い意志で積み立てを継続することが大切となります。

最後にあくまでも自己責任でお願いします。当シミュレーションは将来を保証するものではありません。

まとめ

  • 学資保険は今は良くても返戻率108%
  • 資金拘束期間の割にメリットが低い
  • 投資で学資資金を貯めるのもアリ
  • 暴落も想定して積み立てとリバランスを継続が必要
  • 精神的なタフさも必要

関連記事です。投資する資金が無い方へ、固定資金を見直せばその分毎月投資が可能になります。

投資資金の作り方。固定費を見直して生活費を削減しよう!
今回は直接投資に関わる話ではありません。お金の話ではありますが。 若い方などは投資をしない?と言うかできない?理由として投資に回すお金がない、なんてこともあるでしょう。今なら100円からでも投信積立ができますが、それは置いておいて。 ズバリ投資資金の作り方のお話です。 固定費の見直し 投...

投資はいつから始めますか?早い方がいいです!

若いうちから投資を始めるべき3つの理由
投資を始めるのは若いうちが良いです。理由は3つあります。実践経験を積める!リカバリーが効く!複利効果の恩恵を最大限に受けられる!です。タケよん!も22歳の頃から投資を始めています。家族を持つ前に投資をはじめ、失敗も経験しました。しかし今ではその経験が役に立っていると思っています。金融リテラシーが付き...

資産がたまった時、運用を続けますか?繰り上げ返済しますか?

住宅ローンは繰上返済するより資産運用した方がお得ですよ!
借金にも色々ありますね。カードローン、消費者金融、奨学金、住宅ローン。この中で悪い借金とそうでない借金があるのですが区別がつきますか? 悪い借金はカードローンや消費者金融ですね。 低金利の借金は有効活用しよう! タケよん!も実は借金を背負っています。持ち家なので住宅ローンですね。 現...

お得な制度は活用しましょう。NISAもiDeCoも節税できるお得な制度です。

投資の節税制度~iDeCoとつみたてNISAについて~
先日こんな記事も書いています。 若いうちから投資を始めるべき3つの理由 今日は投資を始めたばかりの方、これから始めてみようと思う方への記事で、内容は投資に関連する節税のためのおススメ制度「iDeCo」と「つみたてNISA」のお話です。 日本政府も投資人口を増やそうとあの手この手の作戦を打ち...

コメント