投資の節税制度~iDeCoとつみたてNISAについて~

スポンサーリンク

先日こんな記事も書いています。

今日は投資を始めたばかりの方、これから始めてみようと思う方への記事で、内容は投資に関連する節税のためのおススメ制度「iDeCo」と「つみたてNISA」のお話です。

日本政府も投資人口を増やそうとあの手この手の作戦を打ち出しています。それがiDeCoとNISAです。

国としても株価が下がると困る理由があるからですね。

スポンサーリンク

株価が下がると困る理由

それは皆さんの年金を運用しているGPIFの資産が目減りすると四方八方から攻められるからですね。皆さんが選んだ政治家が決めた制度なんですけど。

皆さんが毎月払っている年金の運用が少し前までは安全な国債中心の運用でしたが、リスクはあるけどリターンも望める日本株や外国株式への運用枠を増やしています。

だから株安なんかが困るわけですよね。国民から集めた年金の原資を運用したら減っちゃいました。増えると思ったんだけどなー。テヘっ!なんて許されませんもんね。

そんなこともあって政府としても国民の力を借りて株価を下支えしようという企みもあるのかもしれません。国民に投資を進めてもらうには国民にメリットがある仕組みでないといけません。そのメリットは節税です。

そんなこんなで今日はiDeCoとNISAのお話です。

iDeCoはオススメです

iDeCoとは個人型確定拠出年金のことですが、自分で毎年一定額積み立てて自分専用の年金を作る仕組みです。

オススメなのはなんといっても税制上の大きなメリットが2つあります。

所得控除のメリット

1つ目は掛け金(積立額)が全額所得控除される点です。課税所得から掛け金分が控除されるので、所得にもよりますが多くの人は掛け金の2割程度、税金が安くなります

年収500万円の人が毎月23,000円積み立てた場合、23,000円×12ヶ月×20%=55,200円です。毎年55,000円分税金が安くなります。

しかもそれが60歳までず〜っと続きます!22歳の新社会人から始めたら60歳までの38年間で約210万円の節税になります。

運用益非課税のメリット

更にもうひとつのメリットは運用益が非課税になる点です。通常、投資信託ですと儲けに対して20%程度課税されます。が、iDeCoの場合は課税されません。

iDeCoを活用した場合とそうでない場合を比較してみました。

先程同様に22歳の新社会人がiDeCoを始めた仮定で計算してみましょう。毎月23,000円を年利3%で運用したとしましょう。

掛け金の合計は38年間で約1,049万円です。これに年利3%の利益分は課税されずに丸儲けできるので1,935万円に膨らみます。

同じ条件でiDeCoを利用せすに積み立てるとどうでしょう。利益に対して20.315%課税され続けるので38年で1,697万円の資産になります。

その差額は実に238万円もの差になります。本来お国に納めるべき税金が非課税になるメリットは大きいです。

スポンサーリンク

iDeCoのデメリット

これはデメリットではなく制約と捉えていますがつみたてNISAの場合、投資可能な対象は一部の投資信託に限られています
良いところばかりではありません。デメリットもあります。それは積み立てた資産は60歳になるまで何があっても使えないということです。あくまでも確定拠出型の年金なのです。60歳になってから一括受け取りもしくは分割での受け取りとなります。

iDeCoの注意点

注意点ですがこの大変お得な制度ですが利用できる上限金額が決まっています。会社員の方は会社の制度によって掛け金の上限が異なるので注意が必要です。

会社員(企業型確定拠出年金のない会社):27万6000円/年間
会社員(企業型確定拠出年金に加入している場合):24万円/年間
会社員(確定給付企業年金に加入している場合):14万4000円/年間
公務員:月1万2000円
自営業:月6万8000円
専業主婦(夫):月2万3000円

スポンサーリンク

つみたてNISAも併せて利用しよう!

投資初心者にはつみたてNISAもオススメです。iDeCoとつみたてNISAは併用が可能です。ですが通常のNISAとつみたてNISAの併用はできません。

通常NISA⇔つみたてNISA間の変更は年単位で可能です。

つみたてNISAのメリット

NISAとは金融庁が投資と広めようと始めた仕組みで一定額、一定期間は運用益が非課税になる制度です。

通常のNISAとつみたてNISAがありまして、若い方で運用に回せる額が少ない方はつみたてNISAがオススメです。

つみたてNISAの場合は年間40万円、20年間の合計800万円分の投資枠を非課税で運用できます。

つみたてNISAでの制約

これはデメリットではなく制約と捉えていますがつみたてNISAの場合、投資可能な対象は一部の投資信託に限られています

限られると言うとデメリットのように聞こえますが、金融庁が厳選した投資信託に限られるという事であり、高信託報酬の投信やタコ足毎月分配のようなゴミクズ投信が最初から省かれています。

つまり金融庁が厳選した、お国のお墨付きの投信の中から選ぶ形になります。

少し乱暴に言うと、つみたてNISAで購入可能な投信をテキトーに選んでもハズレくじなしのくじ引きを引くようなものです(ただし好みに合うかは別の話です)。

そのような理由から投資初心者の方にはつみたてNISAはオススメ出来る制度だと思います。初心者でなくても非課税制度自体にメリットがあるので、これを利用しない手はありません。

始める人と始めない人

ここまで読んでいただきありがとうございます。昨日と同じことを書きます。ここまで読んでいただいたと言うことは少しは興味をもって頂いたと見受けられます。これから投資を実践するかどうかはあなた次第です。そっとページを閉じて今まで通りの人生を歩むのかここでの情報をヒントに少額でもいいから投資を始めてみるかで人生は変わるでしょう。

私は22歳で投資を始めて良かったと思っています。様々なことを経験をすることができました。元々は根っからの理系人間で政治や経済なんて大嫌いでしたが、投資を始めてから自然とその分野に対する嫌悪感はなくなりました。

スポンサーリンク