配当収入まとめ(2019.12末)2019年は年間4.3万円&611ドルでの計約10万円の配当収入!

この記事は約3分で読めます。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

毎月恒例の配当金受け取り状況です。2019年12月度のまとめなので2019年分のおさらいになります。

2019年から本格的に米国株投資を始めたので配当金は良い調子に積み上げてきました。まだまだ配当金だけで生活することはできませんが確実に生活費の足しになっています。

2019年12月の配当収入(日本株)

12月度は6銘柄で計9,000円弱の配当収入でした。みずほ以外は最低単元しか持っていないので銘柄数の割に低額です。

今月の配当金受け取り(日本株)
銘柄金額(税引後)
タカラレーベン(8897)¥479
オリックス(8591)¥2,789
みずほフィナンシャルG(8411)\2,092
スカパーJSATホールディングス(9412)¥718
丸紅(8002)\1,395
りらいあコミュニケーションズ(4708)\1,515
合計¥8,988

配当金受け取り履歴(日本株)

日本株は優待狙いの銘柄も多く配当は意外に少ないです。12月は一応前年比プラスの配当収入でした。理想は毎月が前年比プラスになることですね。

配当金受け取り総額(日本株)

受け取り総額はなんとか4万円を超えました。来年も今年以上に受け取りたいですが投資先企業の業績次第かもしれません。

関連記事です。配当、優待を使って分かりやすい幸せを手に入れる方法です。

【不労所得】株式投資で儲けて家族でステーキを食べよう!
不労所得で贅沢。贅沢と言えばステーキ!という事で不労所得でそこそこ美味しいステーキを食べてきました。このペースだと年に2回はステーキが食べられそうです。割と簡単に不労所得ステーキが慈雨減出来たのでその方法を伝授します。

2019年11月の配当収入(米国株)

今月も多くの銘柄から配当金を受け取りました。毎月多くの配当をくれるのがBNDです。利回りが高いのではなく投資額が(他と比べて)多いからだけですが。なんだかんだで49ドル(約5千円)の収入があるのは地味に大きいです。

今月の配当金受け取り(米国株)
銘柄金額(税引後)
PFF$3.56
IVV$7.35
BND$16.91
YYY$6.08
XOM$3.13
MMM$2.08
JNJ$1.37
IBM$2.35
HDV$6.17
合計$49.00
ZMLPとか言う米国籍ETFが12%超の配当利回りだけど大丈夫?
ZMLPと言う10%超の高配当な米国ETFがあります。投資対象がMLPであるETFなのですが、そもそもMLPとは何かからの解説記事です。ZMLPにはもちろんリスクもありますが10%を超える分配金があると言う点で旨みもあります。

関連記事です。高配当ETFならどれを持ちたいですか?徹底比較してみました。

分配金重視の米国株ETFを比較しました!【VYM/HDV/VIG/SPYD/DVY/SDY】
まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 不労所得を作りたい。自分年金を作りたい。配当金で生活した。分配金、配当金重視の投資家が一度は検討したことがあるであろう高分配系ETFを比較してみました。 今回取り上げるETFは以下の6つです。米国を代表する運用会社であるブラックロック、バン...

配当金受け取り履歴(米国株)

米国株メインで買い増しを続けているので昨年比で月額の配当受取額はどの月で見ても大きく増えています。2020年も2019年比で増えるようにしたいですね。100ドルを超えてくると受け取り甲斐があります(笑)

配当金受け取り総額(米国株式)

米国株式の分配金の年間の総額です。2018年は年間合計で約90ドルでしたが。2019年は600ドル超と6.6倍です。来年は米国株からは800ドル程度の配当を受け取りたいです。

関連記事です。毎月分配の優先株式ETFのPFFの紹介です。

PFF(米国優先株式ETF)は6%超の高配当銘柄です!
タケよん!が吟味に吟味を重ねた上で初めて購入した米国株ETFがこのPFFです。まだ30株しか持っていませんが、一応PFFホルダーです。 日本人に人気のVTI(Vanguard Total Stock Market ETF)や運用総額トップのSPY(SPDR S&P 500 ET...

振り返り

今まではVTI、BND、SPYDを多く買ってきました。来年も軸は同じですがVTIが購入手数料無料なのでVTIはその恩恵にあやかりたいです。ただNISAでも買付手数料分キャッシュバックされるので何をどの口座で買うか悩みます。


最近購入した債券ETFであるBNDの紹介です。

【BND】利上げ局面に仕込んで毎月配当の米国債券ETFで年金作り
リスクを抑えて債券市場で3%のリターンを目指すのも有効な選択肢なのが総合債券ETFです。 そこそこのリターンを得ながら低ボラティリティなバンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)を紹介します。 実際に2018年12月上旬にアメリカ株式は16%程下落していましたがBNDは+0.9%の微増とポートフォリオ全体のボラティリティを緩和してくれる緩衝材のような役割を果たしてくれました。

米国株ETFなら王道のVTI

米国株デビューで迷ったら、15万円分くらいのVTIを買うのが正解
米国株デビューをしたいけど、何から買えばいいか分からなければ、とりあえず15万円程度のVTIを買うのが正解です。理由は後述します。 他の著名米国株ブロガーのブログを読んで勉強したが、高配当な個別銘柄とかバフェット銘柄とかS&P500連動ETFとか良さそうな投資対象が多岐に渡り、何から始...

コメント