配当収入まとめ(2018.09末)~配当総額2万円&50ドル突破!~

この記事は約3分で読めます。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

9月度の配当ですが、日本株はすかいらーくと積水ハウスから入金がありました。

米国株式は毎月配当のPFFだけですね。決算月の都合上配当が多い月と少ない月があります。

別に配当金収入で暮らしているわけではないので月ごとの配当のバラつきは問題ありません。

米国株は四半期決算が多いのと保有銘柄に占めるバンガードETFの割合が多いため1,4,7,10月は配当が多めになります。

日本株は6,12月の配当が多くなる予定です。

2018年9月の配当収入(国内株式)

すかいらーくはこれで年2回の配当を受け取り完了となります。税引き後の配当利回りで約1.9%ですね。優待も合わせると総合利回りで5.48%となります。なかなか高利回りです。

今回より9月配当に積水ハウスが加わりました。3月は保有していなかったので配当をもらっていませんが、貰っていれば税引き後の利回りで4.3%程になる計算ですね。

関連記事です。最近買った積水ハウスの紹介です。

約4%の高配当、好業績の積水ハウス(1928)を買いました
昨年の11月末にTOKAIホールディングス(3167)を買って以降、3か月ぶりの日本株購入となりました。高配当銘柄で以前より気になっていた銘柄です。 建設業は初めての保有です。個別銘柄保有の際は業種の分散も意識しています。 積水ハウス(1928)企業分析 積水ハウス(1928)の売上高 ...

配当金受け取り総額(国内株式)

配当総額2万円の大台を突破しました。年間3万円を超えてくれそうです。

2018年9月の配当収入(米国株式)

保有ファンドがバンガードファンドに偏っているので配当収入がある月も偏っています。9月も先月に引き続き毎月分配のPFFだけですね。

関連記事です。高配当ETFならどれを持ちたいですか?徹底比較してみました。

配当金受け取り総額(米国株式)

米国株式の分配金の合計です。合計で50ドル突破です。

今後は更に米国株式の割合も増やしていきたいと思います。

PFFのように毎月配当があるETFも精神的支えになりますね。

関連記事です。毎月分配の優先株式ETFのPFFの紹介です。

PFF(米国優先株式ETF)は6%超の高配当銘柄です!
タケよん!が吟味に吟味を重ねた上で初めて購入した米国株ETFがこのPFFです。まだ30株しか持っていませんが、一応PFFホルダーです。 日本人に人気のVTI(Vanguard Total Stock Market ETF)や運用総額トップのSPY(SPDR S&P 500 ET...

振り返り

配当が少ない月は変化がなく、寂しい報告になりました。ただ、配当収入と言うのはある程度予測が経つので収入の計画が立てやすいですね。

今後もこの収入の柱を育てていきたいと思います。

今後は米国株ETFの割合を増やしたいですね。具体的な銘柄はBNDあたりを検討しています。


検討中の候補の債券ETFであるBNDの紹介です。

【BND】利上げ局面に仕込んで毎月配当の米国債券ETFで年金作り
リスクを抑えて債券市場で3%のリターンを目指すのも有効な選択肢なのが総合債券ETFです。 そこそこのリターンを得ながら低ボラティリティなバンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)を紹介します。 実際に2018年12月上旬にアメリカ株式は16%程下落していましたがBNDは+0.9%の微増とポートフォリオ全体のボラティリティを緩和してくれる緩衝材のような役割を果たしてくれました。

それか王道のVTI買い増しですかね。

米国株デビューで迷ったら、15万円分くらいのVTIを買うのが正解
米国株デビューをしたいけど、何から買えばいいか分からなければ、とりあえず15万円程度のVTIを買うのが正解です。理由は後述します。 他の著名米国株ブロガーのブログを読んで勉強したが、高配当な個別銘柄とかバフェット銘柄とかS&P500連動ETFとか良さそうな投資対象が多岐に渡り、何から始...

 

コメント