ニッセイ外国債券インデックスで100円で世界中の債券に分散投資!

スポンサーリンク

暴落が怖いから債券に投資しよう!でも国債はゼロ金利だからちょっとだけリスクを取ってリターンを狙おう!

そこで選択肢として出てくるのが海外の債券です。ニッセイアセットマネジメントの<購入・換金手数料なし>シリーズではニッセイ外国債券インデックスが発売されています。

スポンサーリンク

ニッセイ外国債券インデックスの特徴

運用期間が長い(2013年から)、純資産額が多い(87億円)、信託報酬が安い(0.1836%)と3拍子揃ったイチロー選手のような投信ですね。

FTSE世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース)を指標とするインデックスファンドです。そのため投資対象はアメリカと欧州を主としながら、南アフリカやメキシコなど世界中の債券となります。

ファンドの規模としては純資産額が約87億円です。なお、国際債券型の投信で純資産額トップは「フィデリティ・USハイ・イールドF」で純資産額7,943億円です。

純資産額の小さいファンドの場合は早期償還や投資効率低下の恐れがありますが、ニッセイ外国債券インデックスはその心配は不要です。

ニッセイアセットマネジメント 2018年3月度 マンスリーレポートより

上記は純資産額の推移ですが、発売以来、純資産額は堅調に上昇を続けています。今後も純資産額が積みあがっていくことが予想されます。おそらく多くの人の支持を受け、積立買い付けを行っているのでしょう。

なお信託金の限度額は3,000億円に設定されているため、今後、継続的に積立買い付けを行う場合にも問題はありません。

ニッセイ外国債券インデックスの購入手数料は?信託報酬は?

まず購入手数料は不要です。ちなみに売却時に必要な信託財産留保額も不要です。

保有している限り払い続ける信託報酬ですが年率0.1836%(税込み)です。

途中ですが過去の関連記事です。各アセットアロケーションごとにコストの安いインデックス投信を探しました。インデックスファンドはまず投資対象クラス、次にコストで選べば良いです。

投資信託の選び方を紹介した記事です。特にインデックスファンドについて言及しています。インデックスファンドでは信託報酬の低い投信を選ぶことが重要です。各資産クラス毎の低コスト投信をランキングにしてみました。
スポンサーリンク

ニッセイ外国債券インデックスの分配金は?

過去に分配は行われていません。

目論見書に方針の記載はありませんが、分配は行わずに内部で自動的に再投資されるものと思われます。

投資家への分配を行ってしまうと課税されてしまうため、投資効率が下がるため、長期にわたって資産形成を考える場合は分配金は出ない方がいいです。

ニッセイ外国債券インデックスのパフォーマンスは?

再掲となりますが、基準価格のチャートです。青色が基準価格、赤色がベンチマーク(FTSE世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース))です。

ニッセイアセットマネジメント 2018年3月度 マンスリーレポートより

債券型の投信のため、値動きはマイルドです。直近では金利の上昇(債券価格は下落します)と円高の影響もあってか少し基準価格を下げています。

関連記事です。楽天証券で投信を買って楽天ポイントもらう方法です。

この仕組みを使えば投資信託の買付をするだけで誰でも年間で最大10,800ポイントを手にすることができます。 楽天証券では投信が100円...

関連記事です。他にも<購入・換金手数料なし>シリーズに関する記事を書いています。

今週は立て続けに低コストな優良投信である<購入・換金手数料なし>シリーズを紹介しています。今回はポートフォリオの柱にもってこいの主要先進国を...
インデックス投信がベンチマーク連動を前提とした場合、パフォーマンスに差は手数料に現れます。つまり良いインデックス投信=手数料の安いインデック...
インデックス投信がベンチマーク連動を前提とした場合、パフォーマンスに差は手数料に現れます。つまり良いインデックス投信=手数料の安いインデック...
日本株式を投資対象とするインデックス投信の中で各手数料が最低コストの投信です。もちろん購入手数料はゼロ円です。インデックス投信は投資対象が同...
スポンサーリンク