運用成績表(投資信託)2019.02末 ~運用資産大公開~

この記事は約4分で読めます。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

相変わらず毎月毎月給与口座から投信積立を実行中です。ここ最近は米国ETFへ資金シフトしているので投信自動積立→売却→米国ETF購入と言う流れになっています。証券口座まで持ってくれば使ってしまう事はないですからね。

2019.02末現在で136万円の投資信託を保有しています。

好調な株式市況のお陰で前月比プラス10万円です。

保有ファンド一覧

タケよん!が保有するファンドの一覧です(評価金額の降順です)。

保有本数は32本まで減りました!一時期70本オーバー保有するカオスな状況からは改善しつつあります。やはり理想は10本以下ですかね。管理しきれません。

投資信託時価評価額[円]
楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))¥171,248
楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))¥169,306
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス¥167,195
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス¥142,248
eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)¥66,944
楽天・新興国株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(新興国株式))¥59,381
ひふみプラス¥56,984
eMAXIS Slim 先進国債券インデックス¥53,831
SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)(jreviveII)¥52,564
<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国債券インデックスファンド¥51,438
ドバイ・アブダビ株ファンド¥40,689
eMAXIS Slim 国内債券インデックス¥40,084
三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド¥37,074
フィデリティ・ストラテジック・インカム・ファンドAコース(為替ヘッジ付き)(悠々債券)¥31,430
iFree 新興国債券インデックス¥26,206
アジア好利回りリート・ファンド¥24,799
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)¥22,909
パン・パシフィック外国債券オープン¥22,688
楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(米国高配当株式))¥19,992
高成長インド・中型株式ファンド¥16,656
ピムコ ハイ・インカム毎月分配型ファンド(為替ヘッジ付き)¥16,281
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)¥12,523
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)¥12,387
ベトナム成長株インカムファンド¥11,843
iTrust インド株式¥10,913
<購入・換金手数料なし>ニッセイ Jリートインデックスファンド¥9,994
短期豪ドル債オープン(毎月分配型)¥9,912
<購入・換金手数料なし>ニッセイ グローバルリートインデックスファンド¥5,129
<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド¥1,215
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)¥501
ニッセイ日経225インデックスファンド¥406
DIAM 高格付インカム・オープン(毎月決算コース)(ハッピークローバー)¥84

現在の主力の積立投信はeMAXIS Slimシリーズと楽天バンガードファンドシリーズですね。楽天ポイントをもらうためにほぼ毎日手動での買付もしています。

楽天銀行×楽天証券×投信買付で楽天ポイントを年間1万ptゲット!
この仕組みを使えば投資信託の買付をするだけで誰でも年間で最大10,800ポイントを手にすることができます。 楽天証券では投信が100円から買えますから、100円買付毎に楽天ポイントが3ptもらえます。しかも100円から買える投信の買付1件ごとにです。 下の画像はタケよん!が実際に獲得して...

今後の保有方針

毎月積み立てている投信はもちろん継続します!自動積立と手動積立の併用です。投信積み立てによる入金を行い、米国株ETFに振り替えています。

ただ積立をやめた毎月分配投信などは少しずつ解約をしていきます。

資産状況の推移

資産状況の推移も晒します!投信の保有本数の割に資産額は大したことありません。

最近の株安で資産が目減りしていますね…年度末に向けてガツンと上がって欲しいです。

ほな、また。


関連記事です。クレジットカードを活用して節約できた分、投資に回しています。

タケよん!御用達の高還元クレジットカード!はコレです!
今日は自称:節約投資家のタケよん!が実際に使用しているクレジットカードの紹介です。 タケよん!が思うのは必要な場面で必要な支出をするのであれば、クレジットカードと言うツールを最大限有効活用して、恩恵を受けるべきです。 どうせ出ていくお金、それならば少しでもお得になる方法を選ぶのが節約家と...

コメント