【2020年】積立投資に最適!低コスト投資信託一覧【国内・海外REIT】

この記事は約3分で読めます。

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。

前回の国内&海外債券投資信託の低コストランキングに続き今回はREITを投資対象とした投資信託の低コストランキングを調査してみました。

株式、債券、不動産とポートフォリオを分散することでリターンを確保しながらリスクを分散することが出来ます。REITの投信でポートフォリオのサテライト戦略化も一考の価値があります。

低コスト投資信託ランキング【国内REIT編】

国内REITに投資する低コストなインデックス投資信託は複数ありますが、どれも連動目標とする指数が東証REIT指数(配当込み)なのでどれを選んでも同じです。なのでコスト(信託報酬)で選んで問題ありません。

となると、eMAXIS Slim 国内リートインデックスかSmart-i Jリートインデックスが選択肢となります。

順位名称信託報酬目標指数
1eMAXIS Slim 国内リートインデックス0.1870%東証REIT指数(配当込み)
1Smart-i Jリートインデックス0.1870%東証REIT指数(配当込み)
3たわらノーロード 国内リート0.2750%東証REIT指数(配当込み)
3ニッセイJリートインデックスファンド0.2750%東証REIT指数(配当込み)
3三井住友・DC日本リートインデックスファンド0.2750%東証REIT指数(配当込み)

低コスト投資信託ランキング【海外REIT編】

海外債券は先進国REITかグローバルREITかの2種類に分けられます。コストだけを見るとeMAXIS Slim 先進国REITインデックスかSmart-i 先進国リートインデックスですね。

いずれの投信でも日本のREITは除かれているので前途の国内REIT投資信託と組み合わせて使うと効果的ですね。

順位名称信託報酬目標指数
1eMAXIS Slim 先進国リートインデックス0.2200%S&P先進国REIT指数
(除く日本、配当込み、円換算ベース)
1Smart-i 先進国リートインデックス0.2200%S&P先進国REIT指数
(除く日本、配当込み、円換算ベース)
3たわらノーロード 先進国リート0.2970%S&P先進国REIT指数
(除く日本、配当込み、円換算ベース)
3ニッセイグローバルリートインデックスファンド0.2970%S&Pグローバルリートインデックス
(除く日本、配当込み、円換算ベース)
3三井住友・DC外国リート・インデックスファンド0.2970%S&P先進国REIT指数
(除く日本、配当込み、円換算ベース)

ブログ後記

特に国内REIT指数は上昇中で買うタイミングが難しいです。ただ、インデックス投信の積立を実行するなら値動きにとらわれず機械的に購入を続けるのが良いですね。

コメント