投資信託

投資信託

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を考察してみた!

2018/7/3に新規発売されるeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の解説記事です。投資家思いの三菱UFJ国際投信から新たに米国株式指数連動のファンドが登場しました。S&P500と言えばウォーレン・バフェット氏が奥さんに自分の死後は資産の9割をS&P500連動ETFで運用するよう指示していることで有名ですよね。我々もこのeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を使えば100円から簡単にS&P500連動投信に積み立てていくことができます。
投信運用実績

運用成績表(投資信託)2018.05末

2018.5月末現在で約188万円の投資信託を保有しています。含み益は1.2万円ほどです。含み益は先月比微減です。 楽天ポイントをもらうための手動買い付けを始めたため、インド株式やベトナム株式投信にも投資するようになりました。 保有ファンド一覧 以下の表がタケよん!が保有するファンドの一覧...
投資信託

(通称・楽天VT)で100円からアメリカ株式投資を始める!

楽天投信投資顧問が2017年9月に発売した画期的な投資信託が投資ブロガー界隈で楽天VTと呼ばれる投信です。投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017の1位にも選ばれています。 従来、米国株式ETFに投資をしようとする場合、海外株式の買付手数料を払って米国株投資をする必要が...
投資信託

ノーロード投資信託のコストは信託報酬だけじゃない!?

eMAXIS Slimシリーズの投信は本当は最安ではないかもしれません。 今までインデックス連動の投信はどれも同じ値動きをするのでコストで選べと言ってきました。この考えは変わりません。コストで選ぶべきです。 コストって何?信託報酬だけでしょ?て人には70点あげます(上から目線ですみません。) 信...
投資信託

【国内株式インデックス投信】実質コストランキングTOP10

楽天証券で購入可能な投信の実質コスト比較ランキング(日本株式インデックス編)を作ってみました。投信選びのご参考にどうぞ。 ランキング入りの条件・計算方法は以下のとおりです。 楽天証券で購入可能であること 初回の決算を迎えており運用報告書が発表されていること 総コストは現在...
投信運用実績

運用成績表(投資信託)2018.04末

2018.3月末現在で約180万円の投資信託を保有しています。含み益は2万円ちょっとです。先月より少し増えています。 積立額と比べて保有額が増えていないのは債券タイプの投信を解約し、日本株や米国株式購入資金に回しているからです。 保有ファンド一覧 以下の表がたけよんが保有するファンドの一覧...
投資信託

ニッセイ外国債券インデックスで100円で世界中の債券に分散投資!

暴落が怖いから債券に投資しよう!でも国債はゼロ金利だからちょっとだけリスクを取ってリターンを狙おう! そこで選択肢として出てくるのが海外の債券です。ニッセイアセットマネジメントの<購入・換金手数料なし>シリーズではニッセイ外国債券インデックスが発売されています。 ニッセイ外国債券インデックスの特徴...
投資信託

ニッセイ外国株式インデックスファンドは投信ポートフォリオの柱

今週は立て続けに低コストな優良投信である<購入・換金手数料なし>シリーズを紹介しています。今回はポートフォリオの柱にもってこいの主要先進国をターゲットにした投信です。 インデックス投信がベンチマーク連動を前提とした場合、パフォーマンスに差は手数料に現れます。つまり良いインデックス投信=手数料の...
投資信託

ニッセイ国内債券インデックスファンドは投信ポートフォリオに必須

インデックス投信がベンチマーク連動を前提とした場合、パフォーマンスに差は手数料に現れます。つまり良いインデックス投信=手数料の安いインデックス投信となります。 なので今回は手数料の安い投信シリーズから国内債券タイプの紹介です。 ですが、日本では2016年2月よりマイナス金利となっており、...
投資信託

ニッセイTOPIXインデックスファンドはインデックス投信の王道?

日本株式を投資対象とするインデックス投信の中で各手数料が最低コストの投信です。もちろん購入手数料はゼロ円です。インデックス投信は投資対象が同じなら同じ値動きをするので投信選びの決め手は「コストが安いこと」です。 その条件にピッタリ合致するのがニッセイアセットマネジメントが運用する「<購入・換金...
投資信託

eMAXIS Slim先進国債券インデックスもポートフォリオに入れよう!

先日より立て続けにeMAXIS Slimシリーズの投信を紹介しています。 先日のeMAXIS Slim国内株式(TOPIX) や、eMAXIS Slim国内債券インデックス アメリカ株を中心に構成していた先進国株式インデックス などなどを紹介しました。...
投資信託

eMAXIS Slim先進国株式インデックスも投信ポートフォリオの柱

先日より立て続けにeMAXIS Slimシリーズの投信を紹介しています。 先日のeMAXIS Slim国内株式(TOPIX) や、eMAXIS Slim国内債券インデックス に続き、今回は先進国株式です。ちなみにeMAXIS Slimシリーズは同時期(2017/2/...
投資信託

SBI中小型割安成長株ファンドジェイリバイブを積み立てています!

昨日はインデックス投信を上回るパフォーマンスを残しているアクティブファンドのひふみプラスを紹介しましたが、今回は別の人気投信「SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(愛称:jrevive)」の紹介です。 年2回決算型があり、タケよん!はそちらを積立買い付けしています(年1回型は積立買い...
投資信託

eMAXIS Slim国内債券インデックスは投信ポートフォリオに必須

アセットアロケーションを考えた時に多くの人は債券クラスへの投資も行うでしょう。その場合の選択肢として投信を選んだ場合におススメなのはこの「eMAXIS Slim国内債券インデックス」と言えます。 「eMAXIS Slim国内債券インデックス」は三菱UFJ国際投信が運用する低コスト投信のeMAX...
投資信託

eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)はインデックス投信の王道?

王道のインデックスファンドとして三菱UFJ国際投信が運用するeMAXIS Slimシリーズがあります。そして日本人ならまず日本株式をベースにポートフォリオを考えますよね。 つまり日本人にとって王道の王道のインデックスファンドがeMAXIS Slim国内株式(TOPIX)という事になります。 ...
投資信託

ひふみプラスを積立で買い付けしています!

以前より「ひふみプラス」とか言う投信が気になっていました。たまにニュースサイト等でインデックス投信を上回るパフォーマンスのアクティブ投信があると言うよく目にします。 ひふみプラスとは 藤野英人氏率いるレオス・キャピタルワークスが運用するアクティブファンドです。今まで散々、投信はインデックス投信の...
投信運用実績

運用成績表(投資信託)2018.03末

2018.3月末現在で約175万円の投資信託を保有しています。トータルリターンは5.8万円ちょっとです。保有額が減っているのは債券タイプの投信を解約し、よりリスクをとる方向にリバランスするためです。債券タイプを解約してできたキャッシュを使って、国内株式と米国ETFを買っています。 手持ちの投信...
投資信託

eMAXIS Slimバランス(8資産均等)とeMAXIS Slim全世界株式を活用して少数投信で低コスト分散投資!

先日の記事でeMAXIS Slimシリーズのバランス型投信を取り上げたのがきっかけでした。その時気付いたのは個別投信を買うより、信託報酬が安い!それならバランス投信をメインにポートフォリオを組めばよいのでは?と。 その時の記事です。こちらは株式100%で3地域均等型投信 こちらは...