投資信託

投資信託

Fund of the Year 2018が発表されましたが結果を見て心配事が増えた

つい先日の2019/1/13(日)に投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018の発表がありました。 有効投票数も241と多くのブロガーが参加していたようです。どれも素晴らしい投信ばかりです。が、10年後、20年後にこの投信達を保有し続けているかは漠然とした不安を感じてしまいました。
投信運用実績

運用成績表(投資信託)2018.12末 ~運用資産大公開~

毎月毎月給与口座から投信積立を実行中です。でも最近は自動積立→売却→米国株購入と言う流れになっています。証券口座まで持ってくれば使ってしまう事はないですからね。 2018.12末現在で151万円の投資信託を保有しています。 株安の影響と米国株購入に充てているため、順調に減っています(笑)今年はガツンと増える事を期待しています!
投資信託

eMAXIS Slimシリーズの純資産額の推移をチェックしてみた!

「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざしつづけるファンドシリーズ」のキャッチフレーズでお馴染みのeMAXIS Slimシリーズの純資産額の推移を見て見ました。純資産額が低いと繰上償還や目標インデックスとの乖離リスクに注意が必要ですがeMAXIS Slimシリーズにそのような問題のある投資信託はありませんでした。
投信運用実績

運用成績表(投資信託)2018.11末 ~運用資産大公開~

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 毎月せっせと投信積み立てで給与口座から自動引き落としで買い付けています。 それだけで何もしていないのに勝手に資産が増えていくだけ。 先取り貯蓄!と称して貯蓄口座に入れていくとどうしても今月厳しいから…と甘えが出てしまいますが証券口座ま...
投資信託

Fund of the Year 2018で2つの投信に投票しました!

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 Fund of the Year 2018に投票しました! 今年の2月から弱小ブロガーをさせて頂いています。いつまでたっても弱小のままですが。 と言うわけで今年で12回目を迎える「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year...
投信運用実績

運用成績表(投資信託)2018.10末 ~運用資産大公開~

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 投資信託の積立は楽でいいですね。ほぼ全自動で毎月積み立てています。 しかも楽天証券では投信購入でポイントも貯まるのでよりお得感があります。 最大72本あった保有投信もダイエットが進んで50本まで進みました!なんか120キロの人が痩せて...
投資信託

楽天証券で楽天カードクレジット決済開始!リターン1%上乗せが凄い!

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 先日、投資信託積立の楽天カードクレジット決済で楽天ポイントが貯まる!と書きましたが、ついに取り扱いが始まりましたね。 もちろん早速カード決済されるように設定変更をしました。これでノーリスクで年間6,000ptゲットです。ありがとうございます...
投資信託

【通称SBI・VT?】SBI・全世界株式インデックス・ファンドとは

楽天VTとよく似た名前のSBI・全世界株式インデックス・ファンドと言う投信を見つけました。設計コンセプトは楽天VT同様に米国株ETFをもって「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」への連動を目指しています。対象インデックスが同じなら気になるのは信託報酬ですが、楽天VTよりも安い0.150%です!これは投資するしかない!?
投資信託

全世界株式に投資できる投資信託って複数あるけど何が違うかを比較!

eMAXIS Slimシリーズで全世界株式(オール・カントリー)が発売されるなど、「全世界株式」タイプの投資信託も充実してきました。選択肢が増えることは喜ばしい反面、何を選べば良いか迷ってしまいます。 そこで今回は全世界株式へ投資する投資信託を比較してみました。
投資信託

新発表のeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)を考察!

低コスト投信でお馴染みのeMAXIS Slimシリーズから全世界株式タイプが新規設定されました。運用コストはたったの0.15536%と格安でした!競合は同じ対象インデックスを持つ三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンドです。
投信運用実績

運用成績表(投資信託)2018.09末 ~運用資産大公開~

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 投資信託の積立は楽でいいですね。 普段はあまり意識しなくても勝手に給与振込口座から勝手にひきおとして積み立ててくれているので無駄遣いする間も無く資産が出来上がっていきます。楽でいいです。 2018.9月末現在で約217万円の投資信託を...
投資信託

楽天ショック!楽天バンガードファンドの実質手数料が高かった!

楽天・バンガード・ファンドシリーズ投信の決算が一斉に発表されましたが、インデックス投資家からすると投信の実質コストの高さに驚きでした。実質年間コストが0.3%~0.6%程度までと、他の競合投信と比べても軒並み高い数字です。変動費用なので来年も同じ額かは分かりませんが、他の投信よりも明らかに高い数字は悩ましいですね。
投資信託

毎月分配投信のデメリット2点!手数料が総じて高い!複利効果が薄い!

まいど!タケよん!(@takeyon7)です。 毎月分配投信は悪だ!みたいな風潮がありますよね。 何をもって悪なのか、理由をしっかりと把握しておきましょう。 自分の考えを持ちましょう。投資であの偉い人が薦めてたから買ったのに損した!なんて言ってると恥ずかしいですよね。 毎月分...
投資信託

毎月分配型投資信託てなぁに?普通分配金と特別分配金の違いを解説!

毎月分配型投信を買っている人へ。普通分配と特別分配の違いをご存知ですか。同じ時期にもらう分配金でも人によって普通分配だったり、特別分配だったりと変わります。普通分配だと課税されるし、特別分配は非課税です。 今回はこの2種類の分配金である普通分配と特別分配の違いを解説します。
投信運用実績

運用成績表(投資信託)2018.08末 ~運用資産大公開~

2018.8月末現在で約214万円の投資信託を保有しています。含み益は+2.7万円ほどです。 投資信託の保有本数を減らすために一部の投信の売却を進めています。 おかげさまで保有投信数が56本まで減りました!先月から更に2本減りましたね。 保有ファンド一覧 以下の表がタケよん!が保有す...
投資信託

楽天証券×楽天カード×投信積立で楽天ポイントを年間6,000ptゲット!

我らが楽天証券がまたやってくれました!朗報です。 ニュースリリースによると投資信託の積立注文で楽天カードによるクレジット決済を利用すると積立額の1%分の楽天ポイントがもらえるとのことです。 楽天証券ニュースリリース記事より この仕組みを使えば投資信託の買付をするだけで誰でも年間で最大6...
投資信託

アクティブファンドは不要!結局インデックスファンドでええやん!

インデックスファンドとアクティブファンド論争は持ち家vs賃貸のように答えの出ない不毛な議論なのかも知れません。 ここではタケよん!の一個人投資家の端くれとしての見解を示します。長期投資を前提に置くと、アクティブファンドはポートフォリオに不要。 投資信託を買う目的はなんですか? 資産を可能な...
投資信託

楽天・インデックス・バランス・ファンドで株式と債券に同時に投資!

楽天・バンガード・ファンドシリーズでお馴染みの楽天投信投資顧問より新たにバランスタイプの投資信託が3本設定されました。 そして2018.7.20(金)より発売が始まっています。3本同時発売ですが中身は似ています。投資対象は同じで株式と債券の割合が異なります。 楽天・インデックス・バランス・フ...
投信運用実績

運用成績表(投資信託)2018.07末 ~運用資産大公開~

2018.7月末現在で約208万円の投資信託を保有しています。含み益は+4.7万円ほどです。 投資信託の保有本数を減らすために一部の投信の売却を進めています。 おかげさまで保有投信数が58本まで減りました!先月から6本減りましたね。祝!60本切り(笑) 保有ファンド一覧 以下の表がタ...
投資信託

投資信託の保有本数は何本が最適か

皆さんは投資信託を何本持っていますか?私は70本くらい持っています。自分でもバカなのかなと思います。 そこで今回は保有する投資信託の本数は何本が最適かを考えてみました。 投資信託の保有本数は少ない方が良いです。では投資信託の保有本数が少ないことによるメリデメを整理していきます。 本数が...
投資信託

つみたてNISAで最初に買う投資信託はどれがいい?答えは3つ!

つみたてNISAを利用すると20年間運用益が非課税になるお得な制度があります。 この制度を利用しない手はありません。しかしこの最大20年間と言う長期間がネックとなって、投資対象のファンド選びに頭を悩ませますよね。 そこで70本以上の投信を持つタケよん!がつみたてNISAで最初に買うならコ...
投資信託

ドルコスト平均法の効果をビッグデータで検証!投資信託は積立がお得

ドルコスト平均法は本当に有効なのか検証してみました。値動きがあるときは深く考えることは辞めて毎月一定額づつ買い付けをした方がいいですね。 今回は本当にドルコスト平均法がお得なのかビッグデータを使って検証してみました。数字が多いですが、どうか最後までよろしくお付き合いください。 ドルコスト平均...
投資信託

【新興国株式インデックス投信】実質コストランキングTOP5

楽天証券で購入可能な新興国株式型投信の実質コスト比較ランキングを作ってみました。 インデックス投信の場合、連動目標の指数が同じであれば投信を選ぶ際の判断基準が少ないです。そこで重要になってくるのが運用コストです。 信託報酬のコスト引き下げ合戦がブログ等で報じられていますが、投資信託には信...
投資信託

【国内債券インデックス投信】実質コストランキングTOP5

楽天証券で購入可能な国内債券型投信の実質コスト比較ランキングを調べて見ました。インデックス投信同士を比較するにあたって、リターンはどれも横並びになるはずなのであまり比較項目にはなりません。 あとは持続可能性と運用コストですね。持続可能性は資産額が少ないものを避ける、資産額が減っているのを避ける...